カヤック 写真

話題のコンパクトフィッシングカヤックに乗ってみました!ハイコストパフォーマンスで安定感バツグン!軽自動車の車内に積み込み可能!

FISHING JAPAN 編集部

ユーチューブで話題になっているコンパクトフィッシングカヤックに乗ってきましたよ。

全長2メートルと聞いていたので、ひんぱんに揺れてしまうのかな?と予想していたのですが、完全に覆されました。

幅が90センチもあり、安定感はバツグン!

底面に設置されている3本のキールも、その安定感を支えていると実感しました。

目次

  • 軽自動車の車内に積み込み可能!
  • 軽量17キロで持ち運び楽々!
  • 揺れに強く安定感バツグン!

軽自動車の車内に積み込み可能!

釣り場までは、軽自動車で運びました。

カートップのキャリアに縛っていくのではなく、シートを倒した状態の室内に簡単に入ってしまうボディサイズなのです。

全長2メートルで幅90センチ、厚みは33センチですから、室内空間には全然余裕があります。

軽量17キロで持ち運び楽々!

釣り場に到着して、水辺まで運びます。

自重は17キロしかありませんから、船体横に付いているキャリーハンドルを握れば、大人なら簡単に持ち運びできてしまいますよ。

なだらかな砂地の岸辺に置いて、いよいよ進水してみます。

カヤック用パドルを手に、乗り込んでみました。

揺れに強く安定感バツグン!

お尻を船体中央に置いて、まずは大きく左右に揺らしてみます。

なんと、すぐに静止状態に戻りました。

幅の狭いカヤックでは、揺れが長引いたり、姿勢が崩れてしまうケースがあるのに、このコンパクトフィッシングカヤックは安定感バツグンです。

これなら釣りをするのにかなり適しているといえるでしょう。

ルアーをキャストするためにロッドを振っても、バランスを崩すことはほぼありません。

足元にロッドやランディングネットを置けますし、ヒザを軽く曲げた状態で乗れますから、とてもリラックスできます。

長時間の釣りにも、じゅうぶん耐えられるでしょう。

車内の積載から浮かぶところまで分かりやすく収録している人気動画はこちら

背もたれ付きのシートが標準装備されていますが、設置しなくても座れますし、腰が痛くなりません。

無理な姿勢を強いていないということでしょう。

後部にはタックルボックスやクーラーボックスを置くスペースが設けられていて、2馬力までの船外機なら装着できるトランサムまで用意されています。

価格も送料込みで4万円前後に収まりますから、カヤックフィッシングの初心者の方にもおすすめできますね。

現在売り切れ状態が続いていますので、入荷状況をチェックしながら是非検討してみてください。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング