枝 空 写真

昆虫が水面に落ちてジタバタ暴れている!その近くに潜んでいるバスを釣るにはどうすればいいの?ハチに注意しながら木の枝葉を使ったアプローチを実践しよう!

FISHING JAPAN 編集部

夏真っ盛りでセミの鳴き声が響き渡っています。

空も青く、雲はどんどん流れて行きますよ。

突き出た木の枝には、昆虫がたくさんしがみ付いているのが見えます。

その中には暑さに負けたのか、脚を滑らせて水面に落ちてしまうものも。

カナブンやカブトムシがジタバタもがいているのを助けたとき、その真下にバスが接近していました。

そのままだと確実に食い付いていたでしょう。

目次

  • 樹液の匂いが漂う広葉樹の近くをチェック!
  • スズメバチに注意!羽音がしたら落ち着いて離れるように!
  • 昆虫が落ちてもがいている水面をじっくり観察!

樹液の匂いが漂う広葉樹の近くをチェック!

昆虫が数多く棲み付いているのは、葉が繁っている広葉樹です。

樹液の匂いがしたら、まず間違いなく昆虫が集まっています。

注意しなければならないのは、カナブンやカブトムシ以外の虫もいるということです。

スズメバチに注意!羽音がしたら落ち着いて離れるように!

毒のあるスズメバチなら羽音で分かります。

耳をすませて危険を察知したら離れるようにしましょう。

それでもこちらの姿を見つけたら、スズメバチの中の一匹が偵察・威嚇を兼ねて帽子に触れてくることがあります。

そんなケースでは、手で追い払ったりせずに、そのままの姿勢をキープしてください。

こちらが何も反応しなければ飛び去っていきます。

しかしその場所が、スズメバチのテリトリーである確率が高いですから、ゆっくり離れて別の場所で釣りをするようにしましょう。

昆虫が落ちてもがいている水面をじっくり観察!

12

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY