ブリは呼び名やブランドがたくさんある出世魚!ブリの旬や料理、おすすめタックルや釣り方を徹底紹介します!

FISHING JAPAN 編集部

ブリはアジ科ブリ属の魚で、成長するにつれて呼び名が変わる出世魚として知られていますね。

西日本では、昔から祝い事には欠かせない食材のひとつで、年越し魚として今でも珍重されています。 

さて、ブリの語源は諸説ありますが、もともと脂肪分が多い魚なので、アブラ(脂)がブラに縮まり、さらにブラがブリに転訛したのでは、という説が有力です。

今回は、そんなブリについて、その生態や釣り方を見ていきましょう!

目次

  • ブリの呼び名とブランド
  • ブリの旬と料理
  • ブリのおすすめタックルと釣り方

ブリの呼び名とブランド

ブリは、関東ではワカシ→イナダ→ワラサ→ブリと呼び名が変わりますが、関西ではツバス→ハマチ→メジロ→ブリと呼ばれています。

早くから養殖が盛んだった魚のひとつなので、今では各地にブランドものが誕生しています。

たとえば、徳島県では名産のスダチの皮を混ぜた飼料で育てたものをスダチブリと呼びます。

その他、香川県特産のオリーブの葉の粉末を飼料に混ぜたオリーブハマチや大分県ではカボスを飼料に混ぜたカボスブリも誕生しています。

そのうち、マンゴーブリなんて現われたりするかもしれませんね!

ブリの旬と料理

ブリの旬は冬から早春にかけてです。

良質のタンパク質が豊富な魚で、脳を活性化させるDHAや血栓などを防ぐ働きをするEPAが多く含まれているそうです。

たっぷり脂が乗ったブリは、まずは刺身やしゃぶしゃぶでいただくのが通です。

その後、照り焼きやブリ大根、味噌漬けなど素朴な郷土料理を味わってみるのはいいでしょう。

ブリのおすすめタックルと釣り方

さて、ブリは、おいしい魚ですが、釣りの対象魚としても大変人気があります。

そこで、ホームグラウンドにしている紀伊半島の枯木灘海岸へ釣りに出かけることにしました。

竿はオモリ負荷50~80号で長さは2.5mぐらいが最適です。

これに4~5号のPEラインを200m以上巻いた電動リールをセットします。

テンビンのところにコマセカゴとクッションゴムを装着し、7号のハリスを3ヒロ取った吹き流しの仕掛けにオキアミのエサを刺して、ようやく釣りがスタートしました。

ブリに限らず青物と呼ばれる魚は、お腹が一杯でもエサがあるだけ飽食します。

ですから大きめのコマセカゴを付けて、一度にドバッとエサを撒く方が魚の寄りがいいのです。

船長にそう教えられて、手返しを早くし、エサを撒き続けました。

するとミヨシに座っていた釣り人の竿が、一瞬の内に舞い込みました。

ブリは群れになって突っかけてくる魚ですから、誰かがまっ先に掛けると、その周りの釣り人の竿にもアタリが来ることが多いのです。

それを期待して竿先を見つめていると、予想通り一気に竿先が舞い込みました。

竿受けからもぎ取るようにしてようやく掴んだ竿が、いきなりのされました。

たたらを踏んでなんとかその引きを交わしましたが、正に有無を言わせぬ暴力的な引きなのです。

ドラグは、最初から緩めに設定してあったので、じりじりと道糸が出ていきます。

ただ、カンパチのように根に持っていく魚ではないので、ある程度底を切ってしまえば、あとはやり取りを楽しみながら上げればいいのです。

とはいっても久し振りに手強い相手でした。

何度も道糸を引き出されながら電動リールの助けを借りてようやく水面に浮かせた魚は7、8kg近くある良型でした。

すぐに仕掛けを下ろせば、まだ食いそうな気配はありましたが、この1匹で満足しました。

わが家も核家族。

家内と二人では当分、ブリづくしの食卓になりそうだから・・・

ブリ釣りにおすすめのタックル

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング