ブリは呼び名やブランドがたくさんある出世魚!ブリの旬や料理、おすすめタックルや釣り方を徹底紹介します!

FISHING JAPAN 編集部

ブリはアジ科ブリ属の魚で、成長するにつれて呼び名が変わる出世魚として知られていますね。

西日本では、昔から祝い事には欠かせない食材のひとつで、年越し魚として今でも珍重されています。 

さて、ブリの語源は諸説ありますが、もともと脂肪分が多い魚なので、アブラ(脂)がブラに縮まり、さらにブラがブリに転訛したのでは、という説が有力です。

今回は、そんなブリについて、その生態や釣り方を見ていきましょう!

目次

  • ブリの呼び名とブランド
  • ブリの旬と料理
  • ブリのおすすめタックルと釣り方

ブリの呼び名とブランド

ブリは、関東ではワカシ→イナダ→ワラサ→ブリと呼び名が変わりますが、関西ではツバス→ハマチ→メジロ→ブリと呼ばれています。

早くから養殖が盛んだった魚のひとつなので、今では各地にブランドものが誕生しています。

たとえば、徳島県では名産のスダチの皮を混ぜた飼料で育てたものをスダチブリと呼びます。

その他、香川県特産のオリーブの葉の粉末を飼料に混ぜたオリーブハマチや大分県ではカボスを飼料に混ぜたカボスブリも誕生しています。

そのうち、マンゴーブリなんて現われたりするかもしれませんね!

ブリの旬と料理

ブリの旬は冬から早春にかけてです。

良質のタンパク質が豊富な魚で、脳を活性化させるDHAや血栓などを防ぐ働きをするEPAが多く含まれているそうです。

たっぷり脂が乗ったブリは、まずは刺身やしゃぶしゃぶでいただくのが通です。

その後、照り焼きやブリ大根、味噌漬けなど素朴な郷土料理を味わってみるのはいいでしょう。

ブリのおすすめタックルと釣り方

12

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY