クルマ 写真

新型ジムニー・ジムニーシエラのアウトドア対応性能がスゴイ!釣行専用車として使ってみたくなる機能・装備が満載!

FISHING JAPAN 編集部

2018年7月、アウトドア派が待ちに待った新型ジムニー・ジムニーシエラがリリースされましたね。

街中で試乗車と頻繁にすれ違うようになりました。

運転する皆さんの楽しそうな表情から、このクルマがユーザーのハートをがっちり掴んでいるのが伝わってきますよ。

メーカーであるスズキから発表されている基本スペックや動画、釣りに関連する装備についてご紹介しましょう。

目次

  • 新型ジムニー・ジムニーシエラの基本情報!どんなクルマなの?
  • ジムニーにはパートタイム四輪駆動方式を採用!
  • ボックス類やロッドを積み込んで釣りに出かけよう!

新型ジムニー・ジムニーシエラの基本情報!どんなクルマなの?

ジムニーは軽自動車規格で、排気量660CCエンジンを搭載した、パートタイム四輪駆動車です。

ジムニーシエラは、そのエンジンが1500CCになっていて、規格も普通乗用のパートタイム四輪駆動車となっています。

見た目の違いは、4つのタイヤの外側部分、いわゆるオーバーフェンダーパーツが付いているのが、規格の大きいジムニーシエラのほうになります。

細部でいえば、パンパー周りのデサインにも違いを見つけることができます。

どちらを選ぶかは、その使用方法やデザインの好みで分かれるところでしょう。

ジムニーにはパートタイム四輪駆動方式を採用!

ジムニー全車には、パートタイムの四輪駆動方式が採用されています。

通常走行時には、後輪2輪のみが駆動するFRになっています。

悪路や凍結路を走るような状況では、手動で機械式の副変速機を操作すると、四輪とも駆動するように切り換えることができます。

釣り場近くでは、路面状態がよくない場所もありますし、湖面近くに近づくケースでは是非四輪駆動を活用したいですね。

ボックス類やロッドを積み込んで釣りに出かけよう!

ジムニーの室内サイズは、荷室幅が最大で1,300ミリありますから、釣り用クーラーボックスやタックルボックス、ウェーダーブーツなどの着替え類を十分に積み込むことが可能です。

奥行きは、運転席部分も含めて2,000ミリを割りますので、長尺なロッドを積み込むのは難しいでしょう。

天井にロッドホルダーを装着して、短めのロッドや2ピース仕様のロッドを載せるようにします。

長めのロッドは、助手席の足元にロッドグリップを置き、室内を斜めに走るように積み込めば対応できるものもあります。

新型ジムニー・ジムニーシエラのプロモーション動画はこちら

新型ジムニー・ジムニーシエラで、これまで行ったことのない釣り場へ足を運んでみたいですね。

ただし、いくら四輪駆動といっても、車輪が水没してしまうような川べりの走行は避けてください。

排気口から水が浸入すれば、どんなクルマでも走行不能になります。

四輪駆動車だからといって万能であるわけではないのです。

十分に注意しながらルールを守って走行し、あなたの釣りをより楽しく充実したものに変えてくださいね。

車載用ロッドホルダーのご購入はこちら

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング