ブラックバス 写真

水面にブラックバスを引き出せ!夏場の快感トップウォーターの釣りにチャレンジしてみませんか!?

FISHING JAPAN 編集部

釣り人の皆さん、遂に夏が到来しましたね!

普段は水面下のブラックバスを狙っても、夏場は水面にその魚体を躍動させるトップウォーターの釣りを体験するチャンスです!

水中からその魚体がブワッと現れる瞬間は大迫力間違いなし!

釣り方を意識すれば、その興奮を味わえますよ!

目次

  • 夏は水面上のターゲットがいっぱい
  • 水面に落とすルアーは大胆かつ繊細に
  • ルアーの動きに自然の動きを加えて喰わせる

夏は水面上のターゲットがいっぱい

ブラックバスは、寒い季節は水中の小魚や甲殻類を捕食しています。

しかし、夏場は水面にごちそうが落ちている季節。

果敢にアタックしてきます!

偏光レンズのサングラスを着用していれば、まさに捕食に浮かんでくるバスの姿を捕らえることができるでしょう。

思わず興奮すること間違いありませんよ!

びっくりするあまり、思わずブラックバスがルアーを咥える前に合わせてしまい、バラすことも・・・

フライフィッシングで浮かせた毛ばりを好むドライ派が魅了されるのも、この水面に姿を現すトラウト類の迫力にあります。

水面に落とすルアーは大胆かつ繊細に

トップウォーターのルアーは、大胆に浮かべる一方で、繊細な動きが必要です!

キャストしたルアーの着水は、まさしく美味しい餌が落ちてきたと感じさせるぐらいの音量と波紋でバスにアピールします。

決してブラックバスが散ってしまうような水面を叩くキャストではいけません。

アクションもブラックバスに気づかれる程度にアピールする動きを演出します。

せっかくブラックバスが近づいてきても、「餌ではない」と見切られることもあるからです。

肝心なのは、見切られないようにするために、太陽光の逆光の影を利用したり、流れや障害物のそばなどを利用して見切られないようにすることです!

ルアーの動きに自然の動きを加えて喰わせる

リーリングするだけでルアーはアクションしますが、活性が少し落ち気味の時は、同じアクションを繰り返すだけでは見切られます。

そんな時は、ルアーを引くのを一時止めて流れに乗せるか、落ち込みの中でリーリングを止めてユラリと動かすとブラックバスが刺激されます。

ルアーのリズムを微妙に変えることで、ブラックバスのやる気スイッチが入るのです!

ルアーは、ピックアップする最後まで気を抜かないで集中しましょう!

ガバッと大きな口を水面に開けて、ルアーにアタックするブラックバスの姿は迫力満点です!

視覚で刺激されるので、アングラーにはこのスリル感がたまりません。

トップウォーターの釣りを体験すると、病みつきになる人もいますよ。

それが、夏の釣りの楽しみでもあるのです。

釣り人の皆さんも、この夏はブラックバスをトップウォーターで狙ってみてくださいね!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY