マダイ 写真

コマセマダイ釣りを楽しもう!小アタリは無視して竿が舞い込むまで待った方がいいの!?釣り方のコツを詳しく徹底解説します!

FISHING JAPAN 編集部

釣り人の皆さん、コマセマダイ釣りを楽しんでいますか?

今では東北から九州まで、日本海側から太平洋岸のあちこちで見られるようになった定番の釣りですね。

今回はそんなコマセマダイ釣りについて、釣り方のコツを徹底的にご紹介します!

目次

  • タナ返しで素速くエサを同調させよう
  • 2パターンの誘いを使い分けよう
  • 小アタリは無視して竿が舞い込むまで待つ

タナ返しで素速くエサを同調させよう

それでは基本的な釣り方から説明していきます。

マダイがいるタナは、船長さんが今までの経験から、何mぐらいと教えてくれるはずです。

これを指示ダナと呼んでいますが、スタートの時は、この指示ダナを中心にタナを上下しながらアタリが出るタナを探ってみることです。

仮にマダイのタナが50mだと教えられたら、マキエを詰め50m+仕掛けの長さ分(3~4ヒロ)だけ余分に仕掛けを下ろし、すぐに仕掛けの長さ分だけ巻き上げます。

これはマキエの層とサシエを素早く同調させるためのテクニックのひとつで、タナ返しと呼んでいます。

長いハリスを使ってマキエ釣りをするときは、このタナ返しをやった方がいいですね。

タナ返しが終わったら竿をしゃくってマキエを撒き、仕掛けがなじむまで待ちます。

このときにアタリがなければ、今度は2、3m巻き上げ、ここでも竿を振ってマキエを撒き1分ほどアタリを待ちます。

待っても気配がないようなら、今度は誘いを掛けてみましょう。

2パターンの誘いを使い分けよう

誘いとは、エサを意図的に動かしたり、動いているエサを止めたりして魚にエサを注目させ、食べさせる行動を促すものです。

マダイ釣りの場合、この誘いには2つのパターンがあります。

ひとつは最もよくやる誘い上げと呼ばれるものです。

エサを上方へ意図的に動かし、エサが逃げていくような演出をしてみたり、突然マダイの目の前にエサが現われたような誘い方をしてみるのです。

誘い上げのやり方は、竿先をゆっくり持ち上げ1、2m上方へエサを動かします。

誘い上げたら最低5秒はポーズを取ってアタリを待ち、アタリがなければ同じパターンでもう一度誘い上げます。

これでも食わなければ、もう一度竿をスタート位置へ戻し再び誘うのです。

マキエが無くなるまでこれを繰り返すのですが、余り頻繁に誘いをかけると大型より小型のマダイ(チャリコ)が先に反応し小型ばかりが釣れ続いたり、エサが落ち着かないために大型が警戒します。

適当な間を取りながら誘いをかけることが大切です!

もうひとつの誘い方は落とし込みとか誘い下げと呼ばれるもので、仕掛けを下方に動かして誘う方法です。

誘い下げのときは、親指でリールのスプールを押さえながらできるだけゆっくり仕掛けを下ろすのがポイントになります。

ハリスの半分の長さまで仕掛けを下ろしたら、ここで一度、竿を振ってマキエを撒いてから、すぐにハリスの半分の長さまで巻き上げアタリを待ちます。

このやり方は、タナ返しと同じでマキエとサシエを同調させやすい利点がありますし、マキエがほぼ一点に集中するので狙ったタナにマダイを寄せやすいという利点があります。

小アタリは無視して竿が舞い込むまで待つ

エサ取りが多いときは、エサが残り出すまで1m刻みでタナを上げていきます。

マダイは常にエサ取りがいるタナの上にいるので、この探り方が有効なのです。

また、マダイは常に上から落ちてくるエサを見ているので、マキエが効いてくるとタナが上ずりやすい傾向があります。

アタリは誘いをかけた直後によく出るのですが、竿先を震わせる前アタリが出ても慌てて合わせないことです。

しっかりハリ掛かりするまで待った方がバレにくいので、小アタリは無視して竿が舞い込んだ時点で大きくアワセを入れ、しっかりフッキングさせるといいでしょう。

引きの強さで大体の魚の大きさが分かりますから、大きいと思ったら少しドラグを緩めてやり取りします。

巻き上げる途中で竿を叩くような引き方をするときは間違いなくマダイですね。

底さえ切ってしまえば根に入られることも少ないので、慌てずゆっくりやり取りを楽しんで取り込んでください。

釣り人の皆さんもぜひ今回ご紹介したコツを実践して、コマセマダイ釣りに挑戦してみてくださいね!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング