ルアー 写真

スキッターポップに2018年追加カラーが2種類登場!バルサボディ+貫通ワイヤー仕様で大型魚が掛かっても安心してやり取り可能!

FISHING JAPAN 編集部

ラパラジャパンから発売中のポッパー・スキッターポップに、2018年追加カラーが仲間入りします。

1998年にラパラ初のトップウォータープラグとして世に出たこのルアー、詳しい特徴や水面アクション動画、製品カラーラインナップをご紹介しましょう。

目次

  • スキッターポップってどんなポッパーなの?基本情報をチェック!
  • スキッターポップが奏でる捕食音でバスは本気モードに!
  • 貫通ワイヤー仕様なので大型魚でも安心してやり取りできる!

スキッターポップってどんなポッパーなの?基本情報をチェック!

スキッターポップは、ボディ素材にウッドであるバルサ材を使用したポッパーです。

ただし口周りの造形は、ウッド素材では難しかったらしく、まるでミノーにリップを付けるかのように、プラスチック素材でカップを後付けしています。

これが絶妙なポップ音を奏でてくれて、スプラッシュと広範囲に飛ばしてくれる役割を果たしていますよ。

製品の水面アクション動画はこちら

スキッターポップが奏でる捕食音でバスは本気モードに!

このポッパーが発生させる音が、魚の捕食音に似ているのか、それまでニュートラルだったバスが本気モードになって襲い掛かってくることがよくあります。

例えば結構水深のある垂直岩盤エリアなどで、ワームをキャストしても全く釣れないとき、このポッパーを取り出して操ると、驚くほど多くのバスが水面まで浮いてきて、バイトしてくるのです。

ヤル気にさせる効果が含まれているということでしょう。

貫通ワイヤー仕様なので大型魚でも安心してやり取りできる!

スキッターポップのラインアイとフックアイは、貫通ワイヤーでつながっています。

これにより大型魚が掛かったとしても、安心してやり取りがおこなえますよ。

バルサ材なので、ボディが割れてしまう危険性があるのですが、もし最悪そうなったとしても、貫通ワイヤーが魚をとらえて離さないでしょう。

2018年追加カラーラインナップはこちら

スキッターポップには、3種類のボディサイズ(5センチ6グラム・7センチ7グラム・9センチ14グラム)が用意されています。

そして追加カラーのラインナップは、次の通りです。

●ゴールドクロームカラー

●オレンジフロッグカラー

スキッターポップの追加カラーは、2018年7月に発売予定です。

同メーカーの現行おすすめアイテムはこちら

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング