バス ルアー 写真

ジャーキングってどんなふうにアプローチすればいいの?ビッグバスを引き寄せて喰わせるジャーキングテクニックを徹底紹介!

FISHING JAPAN 編集部

ショートリップやミディアムリップのジャークベイトを操ってバスを誘う、ジャーキングテクニック。

さまざまな専門誌や動画で解説されていますよね。

でも実際に釣り場でやってみると、意外に釣れないってことはありませんか?

しなやかなロッドで水面をヒュンヒュン叩くようにして、ジャークベイトをダートさせているにも関わらず、一向にバスがバイトしてくる様子はなく。

そのうち手首やヒジが疲れてきて、ジャーキングそのものを続けられなくなります。

これで本当に正しいの?

釣れないとそういう疑問を持ってしまいますよね。

ここでは、一般的なジャーキングテクニックに足りない要素を補ってみることにしましょう。

目次

  • ジャーキングで重要なのはポイント選び!
  • 岸際のオーバーハング+その沖の水面に注目!
  • 何かポツポツ浮いている水面がベスト!

ジャーキングで重要なのはポイント選び!

ジャーキングというテクニックは、そのアクションの付け方やロッドの振り方に意識が向いてしまいがちです。

ジャーキングに適したポイントの選定について、どこまでご存知ですか?

実はこのポイント選びも結構重要で、どこでやってもジャーキングなら釣れる!ということではないんです。

岸際のオーバーハング+その沖の水面に注目!

画像を見てください。

岸際が植物によるオーバーハングになっていますよ。

いかにもバスが隠れていそうですよね。

そしてもっと大切なのが、その前に広がる水面です。

何かポツポツ浮いている水面がベスト!

12

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY