ルアー 写真

シャドウラップSDRに2018年追加カラーが4種類登場!超スローシンキングに浮力設定されたジャークベイトでビッグフィッシュを攻略しよう!

FISHING JAPAN 編集部

ラパラジャパンから発売中のジャークベイト・シャドウラップSDRに、2018年追加カラーが登場します。

超スローシンキング設定で数多くの釣り人から支持を得ているこのルアー、詳しい特徴や水中アクション動画、製品カラーラインナップをチェックしてみることにしましょう。

目次

  • シャドウラップSDRの基本情報!どんなジャークベイトなの?
  • シャドウラップSDRのもがくアクションに注目!
  • 海水では超スローフローティングに!

シャドウラップSDRの基本情報!どんなジャークベイトなの?

シャドウラップSDRは、全長11センチで自重13グラムのジャークベイトです。

他メーカーのジャークベイトには、フローティングやサスペンドモデルが多いのですが、このルアーはゆっくりと沈んでいく超スローシンキング仕様。

そのおかげで、ボディのヒネリと揺らぎを融合したキリモミダートを実現できます。

泳ぐ方向とは真逆の180度ターンアクションを見せてくれて、そのダートの後には頭下がりの姿勢のまま、ゆっくりと沈んでいきますよ。

水に流れのあるところなら、弱り切った小魚がピクリと動いた後、力尽きて底へ沈んでいく様子を演出できるのです。

製品の水中アクション動画はこちら

シャドウラップSDRのもがくアクションに注目!

このジャークベイトは、水深0.6から1.2メートルの層で、もがくようなアクションを演じることが可能です。

フックは、トレブルフックの6番を標準装備。

ウエイトは、タングステンとスチールの両素材を使って、バランスを取っていますよ。

海水では超スローフローティングに!

シャドウラップSDRは、淡水においては超スローシンキングになります。

海水で使用するときは、塩分が含まれているので、超スローフローティングに切り替わります。

水温によって浮き上がるスピードは変わることがあります。

フックやスプリットリングを交換して、浮力調整してみるのも楽しいですよ。

2018年追加カラーラインナップはこちら

シャドウラップSDRには、4種類の追加カラーがラインナップされています。

●ライブパーチカラー

●ライブローチカラー

●ライブレインボートラウトカラー

●ライブブラウントラウトカラー

シャドウラップSDRの追加カラーは、2018年7月に発売予定です。

同メーカーの現行おすすめアイテムはこちら

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング