ラバージグ 写真

カバージグSSはカバー周りの攻略に最適ラバージグ!気になる特徴やインプレ、カラーラインナップをご紹介!

FISHING JAPAN 編集部

バス釣りに欠かせないアイテムといえばラバージグですよね。

トレーラーを変えれば、あらゆるエリアやシチュエーションに対応する万能ルアーです。

ラバージグは根掛りの回避性が高いので、とくにカバー周りでよく使われます。

各メーカーから様々なラバージグが発売されていますが、カバーのすり抜けを重視したい場合は、ダイワのカバージグSSがおすすめです。

気になる特徴やインプレ、使い方などをご紹介します。

目次

  • カバージグSSの特徴
  • トレーラーや使い方は?
  • インプレはこちら!
  • カラーラインナップはこちら!

カバージグSSの特徴

カバージグSSは、ヘッドの重心や形状にかなりこだわって作られたラバージグです。

カバーへの侵入能力を高めるため、重心を極力ヘッド側へ集めました。

中央部に重心がこないよう、先端部分は肉を盛り、ボディに近い側は肉を削っています。

このように先端に重心を持たせることで、フォールも垂直に落ちやすく、カバー際をタイトに攻めることができますよ!

また、ヘッド形状はすり抜けがしやすいように、先端部をシャープに設計しています。

これにより、これまでアプローチしにくかったカバー奥のバスにも、アピールができるようになりました。

さらに、ボトムコンタクト部はボトムでの安定感をキープするため、フラットな設計です。

これらのこだわりを考慮しつつ、全体的にはコンパクトなシルエットに調整されています。

ラシガードは1本1本が太めで強いガードになっているので、安心してヘビーカバーに入れることができますよ!

トレーラーや使い方は?

基本的な使い方は、トレーラーとしてワームやポークをフックに付けます。

カバージグSSは、サイズラインナップが4g・6g・8g・10g・14gの5種類あります。

シチュエーションと使うサイズに合わせたトレーラー選びが重要です。

ウィードの上を滑らせたり、ウィードの中をゆっくりスローにフォールさせると有効です。

実釣動画はこちらをご覧ください!

インプレはこちら!

カバージグSSで、50upのバスを釣ったという釣り人が続出しています。

表面にフッ素系特殊プレーティング加工を施したサクサスのフッキング性の高さも、高い人気につながっています。

それでは、インプレをご紹介します。

カラーラインナップはこちら!

カラーラインナップは全部で10種類あります。

・ザリガニ

・ランシーロン

・ウォーターメロン ブルーフレーク

・グリーンパンプキン レッドフレーク

・ブラック

・ブルーギル

・ゴーストシュリンプ

・ブラックブルー

・クロキン

・サマークロー

トレーラーは、使うカラーに近い色合いを選ぶのがポイントです。

カラーラインナップも豊富なので、いくつかタックルケースに揃えて、水の色などに合わせてルアーローテーションするといいですね。

釣り人の皆さんもぜひカバージグSSで、これまで回避してきたカバー周りを攻略してみてはいかがでしょうか?

詳細はダイワの公式HPをご覧ください。

ご購入はこちら!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング