マダイ 写真

マダイの世界記録はなんと14kg!?釣り人の憧れ大鯛をリアルすぎる映像を交えて徹底解剖!【動画】

FISHING JAPAN 編集部

釣り人の皆さんは、大鯛を釣ったことがありますか?

もし釣ったことがあるなら、最も大きなサイズは何センチでしたか?

釣り人の憧れといえば、やはり大きなマダイですよね!

今回は、これまでに釣れた記録的なサイズの大鯛について見ていきましょう。

目次

  • マダイの世界記録は?
  • JGFAとは
  • 14kgのマダイが釣れたこともある!?
  • 大鯛って味はどうなの!?

マダイの世界記録は?

3kg台のマダイが釣れたら、かなり嬉しくないですか?

キレイなピンク色で、美味しくて、おめでたいイメージのマダイは、日本人が一番好きな魚と言っても過言ではありません。

そんなマダイが、どれくらい大きくなるのかご存知でしょうか?

マダイの日本記録サイズは、JGFAの公式記録でなんと11.3kgです!

11.3kgのマダイなんて見たことないですよね!

その時の写真がこちらです!

マダイのJGFA・日本記録は11.3kgです。

この記録保持者は、2名います。

写真の方は記録保持者の1人、岡田透さんです!

2011年に釣り上げたようですが、どんな引き具合だったか、タックルや餌・ルアーは何を使ったのか非常に気になりますね!

ところで皆さんは、JGFAを知っていますか?

JGFAとは

JGFAとは、Japan Game Fish Associationの頭文字を取って名付けられた非営利団体です。

日本名は、「ジャパンゲームフィッシュ協会」です!

HPではこのように記載されています。

数にこだわらず、自然の中で魚とのファイトを心から楽しみたい。野生の魚が生息できる自然環境を守っていきたい。大物と出会ったときは、感動の証として記録を残しておきたい。年齢・性別・国籍を越えて、この志を持つあらゆるジャンルの釣り人が、釣り人のために運営する非営利団体がJGFA。

出典:JGFA HP

JGFAでは、釣りの記録を残すことができます。

大きな魚を釣ったときは、記念や記録に残るよう申請してみるのもいいですよ!

申請方法等の詳細は、JGFAのHPをご確認ください。

14kgのマダイが釣れたこともある!?

マダイの世界記録については、様々な噂が流れています!

14kgのマダイが釣れた記録が、YouTubeに残っていました。

公式記録ではありませんが、非常に大きなサイズに驚きが隠せません!

14kgのマダイとは!?

測りが10kgまでしか測定できなかったのが非常に残念です・・・

引きが強くて、どんどんドラグが出ていってるのもワクワクしますね!

釣り人なら一度はこんな体験してみたいものです!

大鯛って味はどうなの!?

大きなマダイって、味が大味だとかあまり美味しくないとか聞いたことはありませんか?

実際はどうなのでしょうか?

大きなマダイは、正直なところあまり美味しくないようです・・・

育った環境や個体によるので一概には言えませんが、スジばっている個体や身が柔らかく締まりがない個体が多くなってくるそうです。

一般的にタイは、1~2kgぐらいの40cm程度のものが一番美味しいと言われています。

なので、大鯛が美味しくないというのはどうやら本当のようです・・・

しかし、それはお刺身で食べた時の話です!

大鯛は焼いたり、煮たりするとあっさりした味わいで非常に美味しく食べられますよ!

大鯛を捌いて食べてみた!

83cmのマダイは、キッチンシンクからはみ出していてすごい迫力ですね!

骨が硬くて捌くのが非常に大変そうです。

皆さんも大鯛を捌くときは手を切らないように注意してくださいね。

大鯛は、投稿者・くーねるさんの手によって見事におろされていきます。

お刺身にする予定だったようですが、焼き魚に変更して美味しく食べていました!

釣り人の皆さんも、大鯛を釣ったときは、焼き魚や煮魚にして食べてみてくださいね!

釣り人の皆さんも大きなマダイを釣ってみたくなったのではないでしょうか?

大鯛は、夏から秋口まで釣れる可能性が高いですよ!

ぜひチャレンジしてみてくださいね!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング