バス ルアー 写真

水を攪拌(かくはん)させてバスをその気にさせよう!スピーディーな展開からスローピッチなアプローチまでこなせるアングラーは強い!

FISHING JAPAN 編集部

水面に視線を送るバスは、そこの変化に興味を持っています。

何か興味深い物体=ルアーを水面に置くよりも、水面そのものを変化させるほうが、バスの意識を釘付けにできるでしょう。

そのために必要な準備とアプローチについて、ピックアップしてみました。

目次

  • バスはいつもカバーにいるわけではない!
  • 環境に変化を加えることのできるルアーを選択してみよう!
  • スピーディーな展開ならバズベイト!スローピッチなら・・・

バスはいつもカバーにいるわけではない!

バスはカバーに潜んでいます。

だからバスアングラーは、ルアーをカバーに向かってキャストするのです。

しかし、バスにも都合があって、常にカバーに潜んでいるわけではありません。

潜みたいカバーを物色中のバスがいても、不思議ではないでしょう。

環境に変化を加えることのできるルアーを選択してみよう!

カバーに潜む前のバスは、カバーから離れています。

もし水面にカバーとなる木の枝などが存在していたら、それを見上げるために視線を送っているケースは多いと考えられます。

水面に浮くカバーのそばに変化を与えたら、バスはそちらへ視線をロックしてくれますよ。

スピーディーな展開ならバズベイト!スローピッチなら・・・

画像のルアーは、バズベイトです。

ルアー自体はリアルな生き物の形をしていませんが、バスの視線を釘付けにする変化を生み出すことができますよ。

ボディの前部に金属製の回転ペラが付いていて、水面を攪拌させる効果があります。

大きく環境が変化することで、バスは興味を示してくれるでしょう。

バズベイトでスピーディーに水を攪拌すれば、バスの興味は膨れ上がり、豪快なバイトにつながるのです。

スローピッチなアプローチでバスを水面に釘付けにしている実釣動画はこちら

ただし、そのスピーディーな展開に付いてこれないバスもいます。

そんなケースでは、スローピッチなアプローチに減速してあげることが重要になります。

放っておいたら自重で沈んでしまうバズベイトよりも、その場に浮き続けながら視線を釘付けにできるルアーを選択したいものです。

両方のアプローチを、その日の環境条件に合わせて使い分けできるアングラーなら、常にビッグバスを釣り上げられるのではないでしょうか。

動画で使用しているおすすめアイテムはこちら

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング