マダイ エア抜き 写真

マダイの延命治療はエア抜き!でもそのエア抜き、本当に正しいやり方でできてる?コツを掴んで完璧にマスターしよう!

FISHING JAPAN 編集部

釣り人の皆さんに人気のマダイ釣り。

釣り上げるととても元気なマダイですが、そんな元気なマダイも上げる途中の水圧の変化についていけず、水面に浮いたときにおなかが膨れて上がってきますね。

これをそのまま取り込んでイケスに放り込んだら、体のバランスが取れずに膨れたおなかを上にして苦しげに泳ぎ続けています。

もちろん、このまま長時間放置しておくと、死んでしまうこともあります。

いったいどうすればいいのでしょうか?

目次

  • バラさないためにも早く取り込みたい!
  • エア抜き、肛門から入れてない?
  • 正しいエア抜きのやり方は?

バラさないためにも早く取り込みたい!

マダイが死んでしまわないように、深場で掛けたマダイを釣り上げるときは、できるだけゆっくり巻き上げて魚が水圧の変化についていけるようにしてあげるといいです。

しかし、掛けた魚はバラさないうちに早く取り込みたいと思うのは誰もが同じですよね。

そのため、つい速めにリールを巻いてしまうのです。

そこで、おなかが膨れたマダイは、おなかから空気を抜いてやればいいのです。

上手に空気抜きをしてやると、イケスの中でいつまでも元気に泳ぎ回って生きていますよ。

その方法を伝授しましょう!

エア抜き、肛門から入れてない?

エア抜きの道具は、通販や釣具屋さんで買えるので、用意しておいて下さいね。

ご購入はこちら

さて、マダイのエア抜きをするとき、よく勘違いしてエア抜きのハリを肛門から入れる人が多いです。

浮き袋は腸のところにあると思っている方が多いのでしょう。

でも、肛門からハリを入れると、間違いなく腸そのものを傷つけてしまいます。

空気が抜けないまま魚が弱ってしまうことが多いんです。

正しいエア抜きのやり方は?

12

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で記事の編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテラン釣り師や釣り雑誌元編集長、釣りガイドの人気インストラクターなど、バライティーに富んだ総勢15名が在籍し、釣り関連の幅広い記事を毎日配信しております。

釣り上級者から釣りを全く知らない方にも、釣りの魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるような記事配信に今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY