ルアー 写真

フラットジャンキーサーフブレイカー108Sに2018年追加カラーが3種類ラインナップ!40グラムエアロボディの飛距離を体感したい!

FISHING JAPAN 編集部

ダイワからリリースされているフラットジャンキーサーフブレイカー108Sに、2018年追加カラーが設定となります。

その特徴や製品カラーラインナップをピックアップしてみましょう。

目次

  • フラットジャンキーサーフブレイカー108Sの基本情報!どんなシンペンなの?
  • フラットジャンキーサーフブレイカー108Sは高フラッシングサイドデザインを採用!
  • リフト&フォールで食い渋りヒラメをキャッチ!

フラットジャンキーサーフブレイカー108Sの基本情報!どんなシンペンなの?

フラットジャンキーサーフブレイカー108Sは、着水後沈んでいくシンキングペンシル=シンペンです。

主にサーフでの使用が見込まれていて、ヒラメやマゴチを狙うのに適していますよ。

全長は108ミリで自重はなんと40グラムもあります。

ぜい肉を削ぎ落としたようなエアロボディが放たれると、その飛距離は最大96.5メートルを記録するほど。

これなら広大なサーフエリアをしっかり探ることが可能ですね。

フラットジャンキーサーフブレイカー108Sは高フラッシングサイドデザインを採用!

このシンペンは、体高のあるボディと3分割された高フラッシングサイドデザインを持っています。

それにより自重40グラムとは思えないほどの浮き上がりを見せてくれますし、ワイドなテールスライドアクションでヒラメを誘い出してくれます。

リフト&フォールで食い渋りヒラメをキャッチ!

フラットジャンキーサーフブレイカー108Sは、まずはタダ巻きで誘ってみましょう。

それで食い付いてこないときは、リフト&フォールでローリングさせてみてください。

まるでジグヘッド+ワームのような誘い方もできてしまうので、食い渋りのヒラメや別アングラーに叩かれた後のヒラメも喰わせることが可能になるでしょう。

2018年追加カラーラインナップはこちら

フラットジャンキーサーフブレイカー108Sには、3つの追加カラーがラインナップされています。

●ギンギライワシカラー

●ケイムライワシレッドベリーカラー

●バーニングゴールドイワシカラー

フラットジャンキーサーフブレイカー108Sの追加カラーは、2018年6月に発売予定です。

同メーカーの現行おすすめアイテムはこちら

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング