バス ルアー 写真

得意じゃないスピナーベイトでバスを釣ってみたい!どんなシチュエーションで使えばスピナーベイトは効果的なの?

FISHING JAPAN 編集部

スピナーベイトって、使ったことがありますか?

魚にもエビにも虫にも似ていないルアーなので、「こんなんで釣れるの?」という印象を持った人は多いでしょう。

ワイヤーアームにスカートとブレード。

確かにこんな生き物は、自然界にはいません。

しかしながら、リアリティを追求する必要がないルアーですから、その分釣るための道具として特化できる強みを持っていますよ。

ここでは得意じゃなかったスピナーベイトを、ちょっとだけ深く掘り起こしてみましょう。

目次

  • ブレードでバスを誘い出す!
  • スピナーベイトを使うポイントとは?
  • フックに注目!

ブレードでバスを誘い出す!

スピナーベイトにはブレードが付いています。

これがワイヤーの先にローリングスイベルを介してぶら下がっていて、着水と同時に勢いよく回転する仕組みになっていますよ。

それにより、まず音がして泡が出ます。

水がかき回されるので、周囲が攪拌されます。

そしてブレード自体が金属製で光沢があるので、キラキラと反射光を発する存在になりますよ。

スピナーベイトを使うポイントとは?

ブレードが2枚も搭載されているモデルもありますから、効果は2倍に。

そしてお互いが干渉し合い、イレギュラーなタイミングで音が鳴ったりフラッシュしたり。

まさにスピナーベイトは、バスにその存在を気づいてもらうための要素に溢れた釣り道具なのです。

ではどこで使えばいいのか?

画像を見てください、木の枝や葉が入り組んだ岸際です。

岩肌や土が露出していて、ひと目で複雑な地質が入り混じっているポイントだと分かるでしょう。

しかも日照が当たっているところと日陰のところが混在しています。

バスがいるかどうか、確認してみたくなるポイントですよね。

フックに注目!

12

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で記事の編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテラン釣り師や釣り雑誌元編集長、釣りガイドの人気インストラクターなど、バライティーに富んだ総勢15名が在籍し、釣り関連の幅広い記事を毎日配信しております。

釣り上級者から釣りを全く知らない方にも、釣りの魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるような記事配信に今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY