バス ルアー 写真

得意じゃないスピナーベイトでバスを釣ってみたい!どんなシチュエーションで使えばスピナーベイトは効果的なの?

FISHING JAPAN 編集部

スピナーベイトって、使ったことがありますか?

魚にもエビにも虫にも似ていないルアーなので、「こんなんで釣れるの?」という印象を持った人は多いでしょう。

ワイヤーアームにスカートとブレード。

確かにこんな生き物は、自然界にはいません。

しかしながら、リアリティを追求する必要がないルアーですから、その分釣るための道具として特化できる強みを持っていますよ。

ここでは得意じゃなかったスピナーベイトを、ちょっとだけ深く掘り起こしてみましょう。

目次

  • ブレードでバスを誘い出す!
  • スピナーベイトを使うポイントとは?
  • フックに注目!

ブレードでバスを誘い出す!

スピナーベイトにはブレードが付いています。

これがワイヤーの先にローリングスイベルを介してぶら下がっていて、着水と同時に勢いよく回転する仕組みになっていますよ。

それにより、まず音がして泡が出ます。

水がかき回されるので、周囲が攪拌されます。

そしてブレード自体が金属製で光沢があるので、キラキラと反射光を発する存在になりますよ。

スピナーベイトを使うポイントとは?

ブレードが2枚も搭載されているモデルもありますから、効果は2倍に。

そしてお互いが干渉し合い、イレギュラーなタイミングで音が鳴ったりフラッシュしたり。

まさにスピナーベイトは、バスにその存在を気づいてもらうための要素に溢れた釣り道具なのです。

ではどこで使えばいいのか?

画像を見てください、木の枝や葉が入り組んだ岸際です。

岩肌や土が露出していて、ひと目で複雑な地質が入り混じっているポイントだと分かるでしょう。

しかも日照が当たっているところと日陰のところが混在しています。

バスがいるかどうか、確認してみたくなるポイントですよね。

フックに注目!

スピナーベイトには、基本的にフックがひとつしか付いていません。

しかもほとんどの場合、ハリ先が上方向にセットされているので、底の障害物などに引っ掛かる確率が低くなっています。

いやそれどころか、ワイヤーによるアッパーアームも付いていますから、フックは結構な角度から根掛かりガードされている状態ですよ。

フックがしっかりガードされていて、バスに気づいてもらう要素たっぷりなスピナーベイトですから、これまで躊躇して投げ込めなかったカバーの奥などを積極的に攻めてみましょう。

この積極性をあなたの釣りに付加できるのが、スピナーベイトの役割といえるのではないでしょうか。

もしまだスピナーベイトで釣った経験がないのであれば、3/8オンス前後のウエイトのものを選んで、カバーの奥へ投げ込むところから始めてみましょう。

シャローカバー周りで使えるおすすめアイテムはこちら

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング