プラスチック 写真

6月8日は世界海洋デー!CNNが海洋汚染を考える・ゼロプラスチックランチキャンペーンを開始!

FISHING JAPAN 編集部

6月8日(金)は、世界海洋デーです。

CNNでは、世界中みんなで海のことを考えるこの「世界海洋デー」に向けて、昼食時における使い捨てプラスチック容器の使用をなくすよう、学生に促すキャンペーンを開始します。

それが、#ZeroPlasticLunch(#ゼロプラスチックランチ)キャンペーンです!

目次

  • プラスチック廃棄物と海洋汚染の問題
  • #ゼロプラスチックランチ キャンペーンとは?
  • CNNインターナショナルについて
  • できることから始めよう!

プラスチック廃棄物と海洋汚染の問題

世界では、3億トンのプラスチックが毎年生産されています。

そのうちなんと800万トンが海に捨てられています。

プラスチック廃棄物の40%以上が、使い捨てることを想定して作られた使い捨てプラスチック製品です。

捨てられる前にほんの数分しか使用されないことが多いにも関わらず、その後何百年もの間、環境を汚染し続けます。

使い捨てプラスチックの成分は、分解すると毒性の化学物質を放出し、自然環境を汚染して海洋生物に危害を加えます。

それにも関わらず、生産されるプラスチックのうち、リサイクルされるのはわずか9%程度です。

生物に与える影響も大きく、10羽中9羽の海鳥が腸内にプラスチックを溜めていると言われています。

国連では、2050年までに海中のプラスチック量が、魚の数を超えるだろうとの予測もしている状態です。

#ゼロプラスチックランチ キャンペーンとは?

#ゼロプラスチックランチと名付けられたこのキャンペーンは、昼食時における使い捨てプラスチック容器の使用をなくすよう、学生に促すキャンペーンです。

特定のハッシュタグを使用し、通常のランチとプラスチック容器抜きのランチの様子をSNS上に投稿することを推奨しています。

投稿内容は、CNNのプラットフォーム上で共有されます。

CNNインターナショナルについて

CNNインターナショナルは国際向けチャンネルです。

テレビ・オンライン・モバイルなど、様々なデバイスにて、7カ国語の視聴が可能です。

4.5億を超える世界中の世帯で観られており、ヨーロッパ・中東・アジア太平洋地域・南米の主要メディアの中で、No.1の立ち位置を築いています。

詳細はこちらからご確認できます。

環境問題にも積極的!

CNNでは「世界海洋デー」当日とそれまでの期間において、香港や米国、アフリカ、南極など、世界各地からプラスチック汚染やその他の幅広い環境問題について情報を提供する予定です。

英国に拠点をおく、ジャーナリスト兼司会者のマックス・フォスターの討論番組『CNN Talk with Max Foster』でも、世界海洋デー関連テーマでのディベートを予定しています。

できることから始めよう!

釣りをされる方なら、環境問題を肌で感じる機会も多いのではないでしょうか?

そんな釣り人だからこそ、環境に配慮した行動を実行に移すこともできます。

「釣り場にゴミを捨てない」というのは大前提で、なるべく使わなくても済むプラスチック用品を削減することは、意識するだけで簡単にできます。

今回開始される#ゼロプラスチックランチだけでなく、自分の身の回りでできることからはじめていきたいですね!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY