バラムツ 写真

売るのは違法!?力強い引きと謎に包まれた味が人気の深海魚・バラムツについてご紹介します!

FISHING JAPAN 編集部

バラムツという魚を知っていますか?

バラムツは深海魚ですが、力強い引きと深海から引き上げてくるパワーファイトが人気の釣魚です。

そんなバラムツですが、全身がトロのような味なんだとか・・・

今回は、人気のゲームフィッシュ・バラムツについてご紹介いたします。

目次

  • バラムツとは?
  • バラムツの引きは超スゴイ!
  • バラムツは禁断の味

バラムツとは?

バラムツは、スズキ目サバ亜目クロタチカマス科に属する魚です。

大きな目と口、鋭い歯が特徴です。

体を覆っている鱗一枚一枚が尖っており、鋭いトゲのようになっています。

この鱗の形状がバラのトゲのようなので、バラムツと呼ばれるようになったそうです。

このトゲは非常に鋭く、素手で触ると怪我をしてしまうほどです。

バラムツは、名前に「ムツ」と付きますが、アカムツやクロムツとは遠縁の魚で、クロタチカマス科に属します。

目が大きいので、見た目はすこしクロムツに似ています。

クロムツは大きいものでも70cm程度までしか成長しませんが、バラムツはなんと2mにまで成長します。

バラムツの引きは超スゴイ!

2mのサイズまで成長するバラムツですが、その引きの強さは他の深海魚と比べ物になりません!

バラムツは、その強い引きと400~850mの深海から釣り上げるというゲーム性が人気です。

実際に竿のしなりがハンパない、バラムツ釣り動画をご覧ください。

ナイト・バラムツゲーム!

ナイトゲームで少し暗い動画ですが、それでも分かる強い引きは一度味わってみたいものですね!

バラムツは深海魚ですが、体内に浮袋を持っていません。

そのため、深海から引き上げてくる際に、浮袋が膨らんで浮かんでくることがなく、釣り上げの最後まで強い引きを楽しむことができます!

実際に駿河湾では、バラムツ釣りの釣り船が非常に人気だそうですよ!

バラムツは、基本的に釣ったらリリースです。

体内に浮袋を持っていないので、浮袋に空気が入りすぎて逆さに浮かんでしまう事がありません。

深海から引き上げても海に戻せばそのまま元気に泳いで潜っていくことが多いんです!

強い引きを楽しんだら、元気なうちに海に返してあげましょう!

バラムツが狙える船はこちらから予約できます!

バラムツは禁断の味

バラムツは、浮袋を持っていない代わりに、体内に大量のワックスを持っています。

このワックスの浮力が、通常の魚の浮袋の役割を果たしています。

しかし、このワックスは人間の体内では分解することが出来ません。

そのため、食べてしまった場合は、皮膚からその脂が染み出してしまう皮脂漏症の症状が出ることがあります。

また、下痢や腹痛を引き起こし、大量に摂取した場合、昏睡状態に陥った例もあるそうです。

しかし、その身はなんと全てがトロのようで、非常に美味しいと言われています。

刺身になったバラムツは、油の乗ったブリのような見た目で、非常に美味しそうです。

バラムツは厚生労働省から販売禁止指定されているので、お店などで食べることは出来ませんが、自分で釣ったものを食べるのは違法ではありません。

しかし、体調を崩す恐れがあるので、釣ったものを食べるのもオススメはできません。

どうしても食べてみたい方は、自己責任のもと食べてくださいね・・・

バラムツ食べてみた!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング