バス ルアー 写真

バスの居場所はどこなの?釣り場で全く釣れなくなったときの対処法を3つピックアップ!ワームに手を伸ばしてしまうと・・

FISHING JAPAN 編集部

釣り場へ行って朝から全く魚に触っていないぞ!という経験、ありますよね。

「いつもの池なのに、前に釣れたポイントへ正確にルアーを投げ込めたのに、なぜ釣れないの?」

こうなると焦りが湧き出して、釣りに最も必要な集中力が掻き消えてしまいます。

釣れないときの対処法、あなたならどうしますか?

目次

  • ワームに手を伸ばしてしまうとどうなるの?
  • いつもと違う釣りを展開するために必要なのは・・
  • 3つ目の対処法とは?

ワームに手を伸ばしてしまうとどうなるの?

バス釣りにやって来たのに、バスが釣れない!

そんなとき、ワームに手を伸ばしていませんか?

もしくは最初からワームしかキャストしていないとか?

過去に釣れたポイントにワームをキャストして、当日も釣れたら問題はないでしょう。

でも釣れなかったら、そのポイントにはバスがいなかったと判断せざるを得ません。

いつもと違う釣りを展開するために必要なのは・・

毎回同じポイントにバスが待機しているはずがないんです。

どんなに良いポイントでも絶対は有り得ない、それが自然と対峙するということです。

ワームは確かによく釣れますが、エサの要素が強過ぎて、キャストしたところにバスがいなければ用を成しません。

バスを離れた場所から呼び寄せて、その気にさせて食わせようと思ったら、そういうことを得意とするルアーを選択しなければならないでしょう。

そして広大な釣り場を見渡して、いつも釣れるポイントと違う場所へ、一歩踏み出さなければならないのです。

3つ目の対処法とは?

先ほどの場所から移動して、草木が茂るエリアにたどり着きましたよ。

釣れないときの対処法の1つ目が、この観察による場所移動です。

2つ目が、ワームに固執しないルアー選びです。

どちらも簡単にできることなので、実践するだけでバスが姿を見せてくれるかもしれませんよ。

でもこの2つの対処法でも釣れないときがあります。

バスが釣れないときの対処法の3つ目、それは自然に逆らわず味方につけることです。

暑ければ、陽射しの当たらないエリアへ移動してください。

風が強ければ、ボートやカヤックごと流されてみてください。

雨が降れば、枝の下に雨宿りしてください。

自然に逆らわずに動いてみた先には、必ずバスも近寄ってきていますよ。

じっくり周囲を観察してみて、波紋が起きた水面があればすぐにルアーをキャストせずに、その水面をもっと注意深く見つめてみるのです。

バスが居ればシルエットが浮かび上がります。

頭はどちらを向いていますか?

バスの視線の先にあなたがいないことを確認できたら、その時点でロッドを握り直し、ルアーをキャストしてください。

バスを引き寄せて食い付かせるためのおすすめアイテムはこちら

釣り場をチェックするためのおすすめアイテムはこちら

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング