カバー 写真

カバーとストラクチャーの違いって知ってる?バスの行動を左右する仕組みを深く理解してこそビッグサイズにたどり着ける!

FISHING JAPAN 編集部

水に沈んでいる木や枝が、複雑に入り組んだ状況を作り出しています。

ルアーをキャストする我々釣り人にとって、障害物=カバーは、バスが居付いていそうなポイントの代表格ですよね。

ボートで浮いて、沖合いから岸際のカバーを狙い撃つ。

確かにそれでバスは釣れてしまうのですが・・・。

目次

  • カバーをルアーで撃つだけでいいの?
  • カバーまでバスを導いた道筋に注目!
  • バスとストラクチャーの密接な関係

カバーをルアーで撃つだけでいいの?

ちょっと考えてみてください。

岸際のカバーに、最初からずっとバスは居たのでしょうか?

我々がキャストするルアーで、1匹のバスをカバーから釣り上げたら、もうそこからバスを釣ることができなくなると判断しがちです。

理由は簡単、釣って居なくなってしまったからです。

その考え方だと、池を1周巡って、目に付いたカバーをひと通り撃てば、もうお手上げ。

次の池へ場所移動するしか、バスを釣ることができなくなってしまうという発想に縛られてしまいます。

これではバス釣りを楽しんだことにはなりません。

カバーに付いていたバスを数匹獲ったところで、池にはその何倍ものバスが存在しているはず。

それらを見逃さない釣りを、展開してみたいと思いませんか?

カバーまでバスを導いた道筋に注目!

そこで重要になってくるのが、カバーまでバスを導いてくれた道筋。

何かをたどってカバーまで泳ぎ着いたはずですから、それをじっくり探してみましょう。

岸際のカバーには、それに連なる別のカバーが存在します。

しかしどんどん深くなるにつれて、底の高低差が気になり出しますよ。

底が変わる、つまり地形が変化していることに気づきます。

この地形変化のことを、ストラクチャーと呼んでいて、カバーとは異なるものだと認識してください。

バスとストラクチャーの密接な関係

バスは、ストラクチャーに依存しています。

その変化に体を沿わせながら移動し、身を隠して捕食活動するのに便利なカバーへたどり着こうとしますよ。

もしくはストラクチャーそのものが、バスのテリトリーになるケースも見受けられます。

移動ルートとしてのストラクチャー、そしてテリトリーとしてのストラクチャーでもあるわけですから、バスは次から次へとそこを利用し、釣り上げたとしてもまた供給される確率が高くなるのです。

カバーは通りがかりで立ち寄るポイント、ストラクチャーは移動ルートとして数多くのバスが利用する場所だと理解してください。

となると、釣り場に到着して実践しなければならないことは、我先にカバーへルアーを撃ち込むことではなく、ストラクチャーを探し出すことなのです。

カバーは簡単に見つけられますから、その周囲の地形をチェックすることから始めてみましょう。

カバーに潜むビッグサイズを誘い出すためのおすすめアイテムはこちら

ストラクチャーの位置を確認しながらビッグサイズが獲れるおすすめアイテムはこちら

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング