ライン 写真

ラインってどっちを使えばいいの?バス釣りで選択に悩んでしまうナイロンとフロロカーボンの特性をチェック!

FISHING JAPAN 編集部

バス釣りに使いライン、どれにするか悩みますよね。

特にナイロンとフロロカーボンは、昔からどっちを選べばいいのか迷ってしまう人が多いです。

それぞれの特性をチェックしながら、あなたの釣り方に合ったものを考察してみることにしましょう。

目次

  • ナイロンの特性をチェック!
  • 気になるナイロンの問題点とは?
  • フロロカーボンの特性もチェック!やはり万能ではなさそう・・

ナイロンの特性をチェック!

まずはナイロンから。

しなやかで伸びがあるナイロンは、まさに釣りをするのにベストマッチなラインとして、登場以来重宝されてきました。

カバー=障害物に擦れてもカンタンには破断しませんし、水面に浮いてくれるのでトップウォータープラグを操るのに便利だったのです。

気になるナイロンの問題点とは?

しかしナイロンは、吸水率に問題があります。

水面どころか、空気中の水分まで吸ってしまい、どんどん劣化が進んでしまうのです。

ライン交換をひんぱんにしなければ、思わぬタイミングで切れてしまうでしょう。

そうなると安心して釣りを続けられませんよね。

ナイロンは比較的安価な価格設定のものが多いですから、「安いならどんどん巻き替えればいいや!」と考える人もいますが、タダではありませんので、やはり経済的な負担に頭を悩ませてしまいます。

単に釣りのことだけを考えて選べないというところにも、ライン選択の悩みがあるのです。

フロロカーボンの特性もチェック!やはり万能ではなさそう・・

さて、吸水率で考えれば、フロロカーボンのほうはほとんど水分を吸いません。

そうなると劣化が急激に進む心配がなくなり、安心して使えることになります。

設定価格はナイロンより少し高いですが、長く使えるのならコストパフォーマンスは良いと判断できるでしょう。

しかし、今度は実際に釣りで使うときに、気になることが起こります。

なんと、フロロカーボンは水面には浮いてくれずに沈んでいくのです。

トップウォータープラグに結べば、なにやら前方にウエイトを課したかのような、スイスイと滑っていく感じはなくなってしまいました。

しかもラインの巻きグセが強く、しなやかさとはかけ離れた味付けになっています。

メーカー担当者によるラインの使い分け解説動画はこちら

ナイロンとフロロカーボン、それぞれが一長一短の特性を持っているのは間違いないでしょう。

それに合わせて、適したルアーを結び、適したメソッドに活用していくのがひとつの解決策です。

ただ最近では、例えばフロロカーボンの制動性をトップウォータープラグの演出に利用する人も出てきましたよ。

固定観念にとらわれず、あなたの釣り方にラインを組み込んで活用していくスタイルが、最も効果的だといえるのではないでしょうか。

現行ラインのおすすめモデルはこちら

ラインの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング