ハヤ 手 写真

泳がせ釣りは川でも楽しい!おすすめの餌はハヤ!大きな川の河口付近ではシーバスも狙えます!【動画】

FISHING JAPAN 編集部

釣り人の皆さん、「泳がせ釣り」といえばオフショアで大物を狙ったり、海のイメージが強くないですか?

海を主戦場として楽しめる泳がせ釣りですが、実は川でも楽しめるんですよ!

今回は川での泳がせ釣りついてご紹介します。

目次

  • 泳がせ釣りってしたことありますか?
  • おすすめの餌はハヤ!
  • 鮎の友釣りも泳がせ釣りの一種です!

泳がせ釣りってしたことありますか?

海でも川でもできる泳がせ釣りですが、皆さん挑戦したことはありますか?

餌釣りやルアー釣りとは少し違った感覚が楽しめる泳がせ釣りは、今人気の釣り方なんですよ!

泳がせ釣りは、飲ませ釣りとも言い、この2つは同じ釣り方です。

ベイトとして生きた小魚を使い、大きなフィッシュイーターを狙います。

ベイトとして生きた魚を使うことで、フィッシュイーターの捕食本能をより刺激するので、よく釣れます。

堤防からでも大物が狙える釣法なので、青物などが釣りたい方にオススメの釣り方ですよ!

海釣りでは元気なアジなどをベイトに使うことで、針がついたまま餌となるアジが泳ぎ、大物が釣れるという仕組みです。

サビキなどで、その場で餌となる小魚を調達できるのもいいですね!

おすすめの餌はハヤ!

海では、アジやイワシなどをベイトにすることが多いですが、川にアジはいません。

川でベイトとなる魚は、ハヤです。

ハヤは、日本の河川に生息しているポピュラーな川魚で、泳がせ釣りの餌にもってこいです。

非常に丈夫な魚なので、針を掛けてもなかなか弱りません。

また、「ギンペイ」と呼ばれ、海用の餌としても使用されています。

つまりハヤは、水が海水でも大丈夫というタフな魚なんです。

泳がせ釣りは、ルアーに比べるとやはり食いつきが良いので、非常に楽しい釣法です。

ハヤを使った川での泳がせ釣りの様子は動画でご覧ください。

フッキングも非常に上手で勉強になる動画ですよ!

川で泳がせ釣りしてみた!

シーバスの見事なジャンプが、キレイに動画に写っていました。

釣り場は多摩川だそうですが、多摩川にもシーバスがいるんですね!

銀色でキレイなシーバス、60cmの良型です。

やはり泳がせ釣りの良いところは、速攻で食いついてくるところです。

動画でも、一発目から食いついてきました。

さらにこの動画の釣り人は、ドラグを弱めにして楽しんでいるようです!

いろんな楽しみ方があって、釣りは本当に奥が深いですね。

釣り人の皆さんも、川での泳がせ釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか?

鮎の友釣りも泳がせ釣りの一種です!

アユの友釣りって楽しいですよね!

でも、なかなか敷居が高くて挑戦したことがある方は少ないかもしれません。

確かに鮎釣りは、専用の道具が必要だったり、アユの生息している河川が絞られていることなどの理由から、挑戦しづらい釣り方です。

アユは縄張り意識が高く、縄張りに侵入してきたアユを追い払おうと攻撃を仕掛けてきます。

アユの友釣りは、そんなアユの性質を利用します。

友釣りというよりは、どちらかというと喧嘩させて釣るという方が近いかもしれません。

アユの友釣りをするには、はじめから1匹はアユを用意しておく必要があります。

このアユはオトリアユと呼ばれ、養殖のアユを使うことが多いです。

鮎釣りは入川券が必要だったり、釣りをして良い区間が決められていたりと、ルールがあります。

そういった点から、鮎釣りは敷居が高いと思われがちです。

でもやってみたら非常に楽しい釣りなんですよ!

渓流のキレイな景色や美味しいアユは、きっと病みつきになりますよ!

同じ釣り方を極めるのもいいですが、たまにはいろいろな釣法に挑戦してみるのも、楽しそうですよね!

釣り人の皆さんも、未だやったことのない釣り方やターゲットを絞って、釣りに出かけてみてはいかがでしょうか?

楽しい出会いが待っているかもしれませんよ!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング