ルアー 写真

チョップカットは2018年新発売のスイッシャー型トップウォータープラグ!専用設計の段違いチョップカットプロップに注目!

FISHING JAPAN 編集部

2018年ジャッカルから新発売となるチョップカットは、専用設計の段違いプロップが搭載されたスイッシャー型トップウォータープラグです。

こだわりのスペックや製品カラーラインナップを詳しくご紹介しましょう。

目次

  • チョップカットってどんなスイッシャーなの?
  • ボディを上下に動かしながら泳ぐチョップカット
  • 腹部フックに注目!

チョップカットってどんなスイッシャーなの?

チョップカットは、全長85ミリで自重23.6グラムのフローティング仕様。

頭部先端に専用設計のプロップが付いたスイッシャーですね。

このプロップ、よく見てみると段違いに設計されていますよ。

これによりプロップの片刃で発生させた泡を、少しズレた位置でカットすることが可能になります。

そのときに起こるポロポロという甲高いサウンドが、広範囲のバスを刺激する仕組みになっているのです。

このアピール力、他のフロントスイッシャータイプのプラグでは見たことがない個性といえるでしょう。

ボディを上下に動かしながら泳ぐチョップカット

このスイッシャーは、扁平ボディ形状を採用していて、横向きに倒れた状態でスイム姿勢を保ちます。

プロップで発生した泡や振動・波により、ボディを上下方向に動かしますよ。

弱ったギルやフナが横たわって浮いている感じ、もがいている感じが演出できるようになっています。

ルアー監修担当者による丁寧なインプレ動画はこちら

腹部フックに注目!

チョップカットの腹フックはフェザータイプになっており、フックの存在をカモフラージュしています。

トップウォーターゲームをやり込んでいる釣り人なら、このフックを隠すというチューニングを施すケースが多いのですが、このスイッシャーは最初から仕様として採用されていますよ。

また腹フックのアイにスイベルを搭載、掛けたバスが暴れてもフックが回転してバラシを軽減するようになっています。

2018年新発売の製品カラーラインナップはこちら

チョップカットには、合計8種類のカラーがラインナップされています。

上段左端から順に、以下のネーミングで呼ばれていますよ。

●HLブルーギル

●トノサマガエ~ル

●チャートバックブルーギル

●カワシマケロチャート

●クラシカルボーン

●ピンクヘッドボーン

●スケルトンボーン

●ブラックインパクトボーン

左右非対称のプロップデザインにすることで、回転しながら異なる遠心力を発生させます。

それがボディ全体を大きく上下に揺らし、独特の生命感を生み出してくれるでしょう。

同メーカーの現行おすすめアイテムはこちら

スイッシャーの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング