海況 黒潮 画像

【黒潮情報】本日2018年3月26日の関東・東海・近畿の海況速報をお知らせ!釣りに影響のある黒潮大蛇行の最新情報を今すぐチェック!

FISHING JAPAN 編集部

釣り人の皆様、お待たせいたしました!

本日2018年3月26日の関東・東海・近畿の海況を、速報でお知らせいたします!

こちらは船舶水温、衛星水温、気象庁解析水温を元に作成されたものです。

釣りに大きく影響する黒潮の動きが、一目瞭然なので、釣り人の皆さんは要チェックですよ!

それでは早速、本日の最新海況情報を見ていきましょう!

目次

  • 本日2018年3月26日の関東・東海・近畿の海域水温分布図
  • 関東・東海・近畿の海域水温分布図の見方
  • 黒潮は釣りに大きな影響を与えます

本日2018年3月26日の関東・東海・近畿の海域水温分布図

【1】
黒潮は、足摺岬でほぼ接岸、室戸岬で離岸、潮岬で大きく離岸、熊野灘沖を南下し、大王埼~石廊埼沖で31°N付近を東進し、伊豆諸島域を北上して、三宅島、御蔵島を通過し、房総半島沖を北東へ流れている。

【2】
潮岬沖の黒潮北縁は32°20′N付近。

黒潮の表面水温は20~22℃台。

【3】
熊野灘は概ね15℃台。

串本東岸は15.7℃。

【4】
紀南沿岸域は15~16℃台。

紀伊水道外域は芸東側から17℃台の暖水が時計回りに波及し、瀬戸埼沖に達しつつある。

水道内は、和歌山県側から暖水が進入して湯浅湾沖に14℃台がみられる。

【5】
3/26の調査船「きのくに」の調査では、瀬戸埼~市江埼沖の6,10マイルは17~18℃台。

潮岬~市江埼沿岸は上り潮(西向流)であった。

潮岬灯台下は、16.6℃。

【6】
潮岬灯台下の沿岸における下り潮(東向流)の目視観察経過(3/26暫定値)
→2/13-3/12:下り潮ストップ
→3/13-3/14:ごくゆるい下り潮
→3/26:下り潮ストップ

関東・東海・近畿の海域水温分布図の見方

関東・東海・近畿の海域水温分布図の中に表記された数値は、水温(℃)を示しています。

等温線は実線が1℃ごと、破線(-----)は0.5℃ごとになっています。

太い線(----)2本が並行するようになっている間の部分が黒潮です。

黒潮は釣りに大きな影響を与えます

黒潮の暖水が太平洋沿岸に及ぶと、水温が上がり、魚も活性化するので、釣況が良好になります。

そのため、どの程度まで黒潮が及んでいるのかを把握しておくことが、釣り人の皆様の漁場の位置や釣果にとって非常に重要です。

現在は、黒潮が12年ぶりに大蛇行しています。

その影響に注意しながら、素敵な釣行を楽しんでくださいね!

※本ページの海況情報は和歌山県水産試験場より資料をいただいて作成しています。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング