イワナ 写真

3月から解禁!渓流釣りで人気のイワナの種類や習性をチェック!イワナが滝の上に登れる理由はこれだった!

FISHING JAPAN 編集部

日本の渓流には、アマゴやヤマメ、イワナなどが生息していますが、その中でもイワナは、最も冷水を好む魚だといわれています。

そのため、日本の屋根とも呼ばれる北アルプスでは標高2000mを超える渓流にも生息しているそうです。

今回はそんなイワナの種類や習性について詳しく見ていきましょう!

目次

  • 絶滅しそうなイワナも!?
  • なぜ魚が登れそうにない所に生息するの?
  • イワナが上流へ登っていく!?

絶滅しそうなイワナも!?

イワナは薄茶色の細長い体に無数の白斑が散らばるきれいな魚です。

日本に住むイワナは、2つの種類にわかれます。

ひとつは東北から関東、北陸や山陰地方に幅広く生息しているニッコウイワナ、もうひとつが中部地方の太平洋岸と紀伊半島に生息するヤマトイワナです。

イワナの生息地の南限といわれる紀伊半島では、奈良県・十津川の源流や川原樋川(かわらびがわ)に生息しており、地元ではヤマトイワナをキリクチと呼んでいます。

実は、絶滅が心配されるほど数が少なくなっているんです。

このため、キリクチが生息している谷の一部を禁漁にして、保護する政策がとられています。

なぜ魚が登れそうにない所に生息するの?

ところでイワナといえば、魚止めの滝の上にも生息していることがよくあります。

なぜ魚が遡上(そじょう)できないような場所に生息しているのでしょうか?

イワナが上流へ登っていく!?

12

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で記事の編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテラン釣り師や釣り雑誌元編集長、釣りガイドの人気インストラクターなど、バライティーに富んだ総勢15名が在籍し、釣り関連の幅広い記事を毎日配信しております。

釣り上級者から釣りを全く知らない方にも、釣りの魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるような記事配信に今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY