ネット 写真

オールインワンソルトは足場の高い釣り場で便利なランディングアイテム!長さ5mと6mの2種類から選択可能!

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは、足場の高い波止などで掛けた魚を取り逃がしてしまったことはありませんか?

素早くランディングネットを差し出していれば、バレでしまうことはなかったのに!と悔やんだ人は多いでしょう。

プロックスのオールインワンソルトは、タモホルダー付きなので背中にぶら下げておいて、いざというときにすぐに取り出せるランディングアイテム。

そのスペック内容とカラーラインナップをご紹介しましょう。

目次

  • オールインワンソルトってどんなランディングアイテムなの?
  • オールインワンソルトに装着されているタモジョイントとは?
  • タモホルダーがあればジャケットやベストに差し込み保管が可能

オールインワンソルトってどんなランディングアイテムなの?

オールインワンソルトは、全長5メートルと6メートルの2種類が用意されているランディングアイテムです。

5メートルのほうがブルーカラー、6メートルのほうがレッドカラーになっていますよ。

ネット・玉の柄・タモジョイント・タモホルダーが全てセットなので、パーツごとに買い集める必要がありません。

オールインワンソルトに装着されているタモジョイントとは?

このランディングアイテムには、タモジョイントが搭載されています。

ネット枠と玉の柄の継ぎ目を見てください。

収納しやすいように関節になっていて、ぐるりと回転させることもできます。

使わないときに折り畳んで、背中にぶら下げておけますよね。

タモホルダーがあればジャケットやベストに差し込み保管が可能

オールインワンソルトの玉の柄には、タモホルダーが標準装備されています。

この金属パーツにより、ライフジャケットやフィッシングベストの背中部分に差し込んで保管できますよ。

使うときの取り出しも簡単ですから、瞬時の対応で遅れをとることがなくなるでしょう。

製品ラインナップとスペック表はこちら

オールインワンソルト長さ(m)仕舞寸法(cm)玉枠サイズ(cm)継ぎ数カーボン含有率(%)メーカー希望販売価格(円)
AIOS500ブルー572約52×6589215,000
AIOS600レッド677約56×7199216,000

オールインワンソルトには、軽量なラバーコートネットとアルミ枠が採用されています。

軽くて丈夫なら、大型魚を取り込むときも安心して扱えますね。

魚をネットに入れたらそのまま持ち上げるのではなく、波止の壁と並行に振り出した柄を縮めていく要領で取り込むようにしてください。

製品のご購入はこちら

ランディングネットの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング