ロッド 写真

リッピンフィートCSYC-610MLは2018年新発売のロングレングス×ショートグリップを組み合わせた操作しやすいバスロッド!その詳細スペックを大公開!

FISHING JAPAN 編集部

2018年エバーグリーンから新発売されるコンバットスティックシナジーシリーズのリッピンフィートCSYC-610MLは、ロングレングスとショートグリップを組み合わせたバスロッドです。

その組み合わせにどんな効果があるのか、惹き付けられますよね。

詳細スペックをチェックしてみましょう。

目次

  • リッピンフィートCSYC-610MLとはどんなバスロッドなの?
  • ロングロッドとショートグリップの良さを活かすリッピンフィート
  • ダイワテクノロジーの採用が光る!

リッピンフィートCSYC-610MLとはどんなバスロッドなの?

リッピンフィートCSYC-610MLは、全長6.10フィートもの長さを誇るベイトロッドです。

その割には、グリップエンドが邪魔にならないほどのショートグリップが付いていますよ。

これまでのバスロッドなら、6.10フィートも長さがあれば、それに合わせたようなロンググリップが付いていました。

これって、結構厄介なケースが起こりやすかったんですよね。

ロッド 写真

ショートグリップを搭載

出典:エバーグリーン

ロングロッドとショートグリップの良さを活かすリッピンフィート

ジャークベイトやトップウォータープラグなどの細やかな操作を伴なうルアーを使うとき、グリップ部分が長いと、身体のどこかに当たってしまい、うまく操作ができないことが起こります。

ショートグリップなら気持ちよく操作できますから、ロングロッドとの組み合わせはこれまでにない斬新さと快適な操作感を生んでくれるでしょう。

またロングロッドならではの、ラインスラックの取りやすさやフッキングレスポンスの良さが、相乗効果を発揮するのは間違いありません。

ダイワテクノロジーの採用が光る!

リッピンフィートにはダイワのテクノロジーとして有名な、「X45」や「3DX」が採用されています。

どちらもロッドブランクのブレを素早く吸収するのに定評のある技術ですし、ロッドパワーと軽さを両立する基軸となってくれるでしょう。

正確なキャストや飛距離、リフティングパワーにも好影響を与えてくれます。

2018年新発売の製品スペックはこちら

リッピンフィート長さ(m)継ぎ数自重(g)パワー適合ルアー(g)適合ライン(lb)メーカー希望本体価格(円)
CSYC-610ML2.081133ミディアムライト3.5-17.58-1676,000

リッピンフィートのガイドシステムには、FujiのステンレスフレームにSiCガイドリングが搭載されています。

高い耐久性と小口径化によるバランスの向上が得られるでしょう。

ジャークベイトやトップウォータープラグ・シャロー~ミドルクランクベイト・スピナーベイト・ライトテキサスリグなどを使いこなしてみたいですね。

現行モデルのご購入はこちら

コンバットスティックの関連記事

コンバットスティック ヘラクレスHFAC-65Mは2018年新発売の巻き物専用ベイトロッド!福島健プロ流テクニカルロッドを徹底分析!

エバーグリーンから2018年に新発売となるコンバットスティック ヘラクレスHFAC-65Mは、巻き物専用のバス釣りベイトロッドです。 バス釣りのアプローチのひとつとして巻き物を使った方法を…

FISHING JAPAN 編集部

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング