ロッド 写真

リッピンフィートCSYC-610MLは2018年新発売のロングレングス×ショートグリップを組み合わせた操作しやすいバスロッド!その詳細スペックを大公開!

FISHING JAPAN 編集部

2018年エバーグリーンから新発売されるコンバットスティックシナジーシリーズのリッピンフィートCSYC-610MLは、ロングレングスとショートグリップを組み合わせたバスロッドです。

その組み合わせにどんな効果があるのか、惹き付けられますよね。

詳細スペックをチェックしてみましょう。

目次

  • リッピンフィートCSYC-610MLとはどんなバスロッドなの?
  • ロングロッドとショートグリップの良さを活かすリッピンフィート
  • ダイワテクノロジーの採用が光る!

リッピンフィートCSYC-610MLとはどんなバスロッドなの?

リッピンフィートCSYC-610MLは、全長6.10フィートもの長さを誇るベイトロッドです。

その割には、グリップエンドが邪魔にならないほどのショートグリップが付いていますよ。

これまでのバスロッドなら、6.10フィートも長さがあれば、それに合わせたようなロンググリップが付いていました。

これって、結構厄介なケースが起こりやすかったんですよね。

ロッド 写真

ショートグリップを搭載

出典:エバーグリーン

ロングロッドとショートグリップの良さを活かすリッピンフィート

ジャークベイトやトップウォータープラグなどの細やかな操作を伴なうルアーを使うとき、グリップ部分が長いと、身体のどこかに当たってしまい、うまく操作ができないことが起こります。

ショートグリップなら気持ちよく操作できますから、ロングロッドとの組み合わせはこれまでにない斬新さと快適な操作感を生んでくれるでしょう。

またロングロッドならではの、ラインスラックの取りやすさやフッキングレスポンスの良さが、相乗効果を発揮するのは間違いありません。

ダイワテクノロジーの採用が光る!

12

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で記事の編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテラン釣り師や釣り雑誌元編集長、釣りガイドの人気インストラクターなど、バライティーに富んだ総勢15名が在籍し、釣り関連の幅広い記事を毎日配信しております。

釣り上級者から釣りを全く知らない方にも、釣りの魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるような記事配信に今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY