男の子 タチウオ 写真

タチウオシーズンもいよいよ終盤!この時期はドラゴン釣り上げの可能性大!いい潮で神経を研ぎ澄まして自己記録更新を狙おう!

FISHING JAPAN 編集部

タチウオは、アタリを取って針に乗せる際のどきどき感が、一番面白いとされています。

幽霊魚といってもいいくらいに、静かに餌となるサンマやイワシを採るのが、非常にうまいです。

小さなアタリすら感じないときもあります。

そのため、小さなアタリを大きく感じる術を知っておくことが大事です。

タチウオ釣りの多様な変化に敏感になりましょう!

目次

  • 魚との接点は多種多様なタチウオテンヤ!理由ある選び方が大事!
  • 小潮の上り潮をとらえ、タナを探る!群れに到達したらタナとアタリを見逃さないように集中しよう!
  • 小さなアタリでもシャープなフッキングでしっかり掛ける!変化を感じて掛かっていれば一気に巻き上げよう!
  • タチウオは釣って面白く食べておいしい!料理も手間もかからない素敵な魚!

魚との接点は多種多様なタチウオテンヤ!理由ある選び方が大事!

そもそもタチウオは下から上にいる餌を食いあげてきます。

餌は一般的にイワシかサンマです。

サンマは餌持ちが良く、長さも自在に取り付けることができます。

おそらく、魚は嗅覚と目が良いのでしょう。

イワシが本来のイワシの動きをしていなくても食いついてきます。

逆に、ジグのように絶対生餌ではないのに動きに惑わされても食いついてきます。

ワインドもそうです。

太陽の光が届く範囲での釣りは、餌となるイワシは下から見ると黒く見えます。

更に近づくとイワシの腹の白さが目にとまるでしょう。

もしイワシ餌が逃げれば、餌の奥の赤色やぶるぶると小刻みな動きが、タチウオを挑発します。

このような感じで、色やタナを意識して、使用するテンヤのカラーを選び、更に小刻みな動き等も演出するようにしましょう。

きらきら感を出す物もいいですよ。

小潮の上り潮をとらえ、タナを探る!群れに到達したらタナとアタリを見逃さないように集中しよう!

大潮では潮の動きが複雑で、降ろしている仕掛けがまっすぐ張らないことが多いです。

そのため、仕掛けの投入の際から、他の釣り人とのオマツリになることも多くなります。

オマツリが多いと気持ちもなえますが、釣りをする時間も短くなって焦ってしまいます。

仕掛けをタナに早く落とすのに急ぐあまりリールをフリーにして投入する人を見かけますが、まず間違いなくその方は誰かとオマツリをします。

仕掛けは落ちていますが、それ以上に糸がふけてしまうためです。

余計に釣りそのものが遠ざかります。

たとえ小潮でも必ず色をサミングをして張りながら投入しましょう。

最近は個人的にタナのわかる魚探を使ったり、船の魚探とWI-FIでつなげてリアルな情報を得ることが当たり前になってきました。

魚の居場所がわかっても5~10mの範囲でアタリの出やすいタナは微妙に分かれます。

魚探がない場合は聞くのが早いですが、それもかなわないときはまず底を取って3mくらい早まきしてからアピールの動きをします。

そしてまずは3秒/1m位の速さで巻き約30mくらいまで巻き上げます。

約90秒で何もなければ、同じタナから4秒/1mにします。

ゆっくり巻くのはタチウオが触れたり近寄ったりしたときに竿に変化が出るようにするためです。

PEラインが直線になるように張ると下から突き上げのアタリ時は竿先が浮くので感じ取れます。

それがわかればタチウオはもうすぐそばにいます。

小さなアタリでもシャープなフッキングでしっかり掛ける!変化を感じて掛かっていれば一気に巻き上げよう!

12

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で記事の編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテラン釣り師や釣り雑誌元編集長、釣りガイドの人気インストラクターなど、バライティーに富んだ総勢15名が在籍し、釣り関連の幅広い記事を毎日配信しております。

釣り上級者から釣りを全く知らない方にも、釣りの魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるような記事配信に今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY