ワーム 写真

ドライブスティックはエリアを選ばずハイシーズンを通して使える高比重スティックベイト!あらゆるリグに対応可能です!

FISHING JAPAN 編集部

オーエスピーのドライブスティックというワームをご存知ですか?

フォールベイトの性能とトゥイッチベイトとしての性能を兼ね備えた高比重スティックベイトとして釣り人からの評価が高いワームです。

気になるインプレや有効的な使い方などを早速、チェックしていきましょう!

目次

  • ネコリグやダウンショットリグなど、あらゆるリグに対応!
  • バックスライドの使い方
  • サイズは3in・3.5in・4.5in・6in!
  • インプレはこちら!

ネコリグやダウンショットリグなど、あらゆるリグに対応!

ドライブスティックはノーシンカーリグやキャロライナリグ、テキサスリグ、ジグヘッドリグ、ネコリグ、ダウンショットリグなどあらゆるリグで使うことができる万能なワームです。

また、フックセッティングによってもアクションが大きく異なります。

●ノーシンカーリグ

フォーリングするとボディをロールさせながらテールを左右にスイングするアクションが魅力です。

ロッドをトゥイッチングさせて変化をつけることでバイトを誘発させます。

●キャロライナリグ

ノーシンカーリグ装着時のような自然なアクションをボトムで演出できます。

●テキサスリグ

1/16oz~1/8ozのライトテキサスは水平気味の姿勢を保ち、ボディをウォブリングさせながらスライドフォールし、不規則にヒラッと方向を変える動きが有効です。

根掛かりが多発するエリアで活躍してくれます。

●ジグヘッドリグ

1/16oz程度の軽量ジグヘッドでは、ワーム自重とのバランスで水平気味の姿勢をキープした状態でスライドフォールし、シェイクではロールアクションでバスにアピールできます。

●ネコリグ

ワームにシンカーを挿入するネコリグでは、ボトムをつつくベイトフィッシュを演出します。

●ダウンショットリグ

根掛かりの多発するエリアで活躍します。

ボトムをとってから一定のリズムでショートトゥィッチの後、食わせの間を作ります。

バックスライドの使い方

春から秋のハイシーズンを通して有効なのがバックスライドセッティングです。

通常のセッティングとは異なり、逆方向に進むのでさらに未開のポイントを攻略できます。

詳しい使い方は動画をご覧ください!

サイズは3in・3.5in・4.5in・6in!

12

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY