バス 釣り人 写真

大森貴洋プロが本場アメリカのバストーナメントで優勝!2018年2月バスマスターエリートシリーズにて快挙達成!

FISHING JAPAN 編集部

2018年2月8日から4日間に渡って、アメリカのアラバマ州アレクサンダーにあるマーティン湖で開催されたバストーナメント・バスマスターエリートシリーズ。

そこで日本の大森貴洋プロが、見事優勝を勝ち取りました。

ここではトーナメント主催団体(B.A.S.S. BASSMASTER.COM)が、そのホームページで明らかにしている当日の模様や、解説動画をご紹介します。

目次

  • 大森貴洋プロのトーナメント優勝ウエイトは20本で59ポンド8オンス!
  • 大森貴洋プロが使っていたのはクランクベイト!
  • 流れのあるシャローエリアにパワーポールでボートを固定してアプローチ!

大森貴洋プロのトーナメント優勝ウエイトは20本で59ポンド8オンス!

大森貴洋プロがアメリカに渡ってから、B.A.S.S.やFLWなどの主要トーナメントで、今回を含め8度目の優勝を収めたことになります。

4日間合計で、釣り上げたバスの総重量は20本で59ポンド8オンス。
2位との差は約7ポンド。

シャロー(=浅瀬)エリアを狙い、プリスポーン(=産卵前)のバスを狙うことができたと、当人が答えていますね。

もし南部のフロリダ州辺りでトーナメントが開催されていたら、2月なら産卵が終わっていた可能性があります。

産卵前の体格の大きい重いバスを釣ることに専念できたことが、勝因ということでしょうか。

大森貴洋プロが使っていたのはクランクベイト!

彼はオフィシャルインタビューの中で、使ったルアーについて、ラッキークラフト社のスクエアビルタイプのクランクベイトであると発言しています。

動画の中でも、クローフィッシュカラーの赤みを帯びたクランクベイトが映し出されていますよ。

これは「LC1.5」という正式名称で、全長60ミリ・自重12グラムのアメリカ専売モデルです。

冬から春にかけて行われるバストーナメントにおいて、度々ウイニングルアーとなっているクローフィッシュカラーのクランクベイト。

彼の優勝がきっかけで、また人気が加速しそうな予感がしますね。

大森貴洋プロの優勝を伝えるトーナメント主催者による解説動画はこちら

流れのあるシャローエリアにパワーポールでボートを固定してアプローチ!

大森貴洋プロがメインの釣り場にしていたエリアには、小さな島が見えます。

流れがしっかりあって、点在している水没カバーに当たっている様子が伺えますね。

浅瀬にパワーポールを使ってボートを固定し、クランクベイトを繰り返しキャストしたと、トーナメントの主催団体ホームページで紹介されています。

優勝後の本人インタビュー動画はこちら

大森貴洋プロは、2004年にアメリカの歴史ある頂点の大会・バスマスタークラシックで優勝しているトーナメントプロです。

世界最高峰のバストーナメントで通用する彼の技術は、我々釣り人が見習いたいことばかり。

今後も彼の活躍に期待したいですね!

タトゥーラエリートシリーズおすすめアイテムはこちら

大森貴洋プロの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング