タックルボックス 写真

タックルボックスTBシリーズは2018年新発売の座れるタックルボックス!収納性と堅牢性を兼ね備えたスペックに注目!

FISHING JAPAN 編集部

2018年ダイワから新発売となるタックルボックスTBシリーズは、3つのサイズに分かれています。

船釣りで有名なソルティガ・紅牙・鏡牙のイメージカラーに合わせて、フタやパーツが着色されていますよ。

そのスペックや製品ラインナップをご紹介しましょう。

目次

  • タックルボックスTBシリーズとはどんな収納ボックスなの?
  • タックルボックスTBシリーズの特徴
  • 多目的ホルダーやスベリ止めシールが付属

タックルボックスTBシリーズとはどんな収納ボックスなの?

タックルボックスTBシリーズとは、高い収納性はもちろん、実用に耐えられる堅牢性も兼ね備えています。

釣り場は常に天候が変わりますから、強い日照や激しい風雨に晒される可能性がありますよね。

その中で耐え抜き、かつ使い勝手のよい機能性も求められるのが、タックルボックスなのです。

タックルボックスTBシリーズの特徴

このタックルボックスは、上フタを両サイドから開くことができます。

家電の冷蔵庫などで、この両開き機能は好評価ですから、タックルボックスに採用されたのは嬉しい限りです。

上フタを開けると、インナートレーが内臓されていますよ。

ラインカッターやプライヤーなどの小物置き場に重宝するでしょう。

2018年新発売の製品ラインナップとスペック表はこちら

タックルボックスTBシリーズ本体外寸(cm)自重(kg)メーカー希望本体価格(円)
ソルティガTB9000約54×34×35約3.68,100
紅牙TB7000約47.5×33.5×32約2.86,850
鏡牙TB5000約44×29.3×29.3約2.46,200

多目的ホルダーやスベリ止めシールが付属

タックルボックスTBシリーズの本体側面には、多目的ホルダーを装備しています。

ロッドを立てておくためのロットホルダーを後付けすることが可能ですよ。

またスベリ止めシールが付いているので、底面に貼っておくと船上デッキで急に滑り出すことを防げます。

メーカー担当者による分かりやすい解説動画はこちら

タックルボックスTBシリーズの素材には、耐衝撃性ポリプロピレンが使われています。

上フタを閉じた状態なら、そこに腰をかけることもできるくらい頑丈です。

ぜひ今年の船釣りで使ってみてはいかがでしょう!

同メーカーのおすすめアイテムはこちら

タックルボックスの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY