タックルボックス 写真

タックルボックスTBシリーズは2018年新発売の座れるタックルボックス!収納性と堅牢性を兼ね備えたスペックに注目!

FISHING JAPAN 編集部

2018年ダイワから新発売のタックルボックスTBシリーズは、3つのサイズに分かれています。

船釣りで有名なソルティガ・紅牙・鏡牙のイメージカラーに合わせて、フタやパーツが着色されていますよ。

そのスペックや製品ラインナップをご紹介しましょう。

目次

  • タックルボックスTBシリーズとはどんな収納ボックスなの?
  • タックルボックスTBシリーズの特徴
  • 多目的ホルダーやスベリ止めシールが付属

タックルボックスTBシリーズとはどんな収納ボックスなの?

タックルボックスTBシリーズとは、高い収納性はもちろん、実用に耐えられる堅牢性も兼ね備えています。

釣り場は常に天候が変わりますから、強い日照や激しい風雨に晒される可能性がありますよね。

その中で耐え抜き、かつ使い勝手のよい機能性も求められるのが、タックルボックスなのです。

タックルボックスTBシリーズの特徴

このタックルボックスは、上フタを両サイドから開くことができます。

家電の冷蔵庫などで、この両開き機能は好評価ですから、タックルボックスに採用されたのは嬉しい限りです。

上フタを開けると、インナートレーが内臓されていますよ。

ラインカッターやプライヤーなどの小物置き場に重宝するでしょう。

2018年新発売の製品ラインナップとスペック表はこちら

タックルボックスTBシリーズ本体外寸(cm)自重(kg)メーカー希望本体価格(円)
ソルティガTB9000約54×34×35約3.68,100
紅牙TB7000約47.5×33.5×32約2.86,850
鏡牙TB5000約44×29.3×29.3約2.46,200

多目的ホルダーやスベリ止めシールが付属

12

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で記事の編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテラン釣り師や釣り雑誌元編集長、釣りガイドの人気インストラクターなど、バライティーに富んだ総勢15名が在籍し、釣り関連の幅広い記事を毎日配信しております。

釣り上級者から釣りを全く知らない方にも、釣りの魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるような記事配信に今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY