ルアー 写真

炎月フラットバクバクは新テクニック「フォールタイラバ」専用鯛ラバ!どんな機能が搭載されているの?

FISHING JAPAN 編集部

2018年シマノから新発売となる、炎月フラットバクバク。

なんと新しいテクニック「フォールタイラバ」を実践できるモデルとのこと。

いったいどんな機能が搭載されているのか、早速チェックしてみましょう。

カラーラインナップも同時にご紹介します。

目次

  • 炎月フラットバクバクってどんな鯛ラバなの?新テクニック「フォールタイラバ」とは?
  • 炎月フラットバクバクの特徴
  • ヘッド部分の開口部にも注目!

炎月フラットバクバクってどんな鯛ラバなの?新テクニック「フォールタイラバ」とは?

炎月フラットバクバクとは、新テクニックの「フォールタイラバ」専用鯛ラバのこと。

重さは60グラムから180グラムまで、6種類用意されています。

それを潮の流れや水深にあわせて換えながら、真鯛の居場所とアタリを探っていきます。

その探り方テクニックのひとつとして、フォールのスピードを変えて鯛を誘う「フォールタイラバ」があります。

そのテクニックを繰り出しやすく設計されたのが、炎月フラットバクバクなのです。

炎月フラットバクバクの特徴

この鯛ラバには、Finish Holdを採用しています。

これによってネクタイがフレキシブルによく動いて、フォール時のアピール度アップにつながっていますよ。

ヘッド部分を突き通しているスカートの軸やフックの根元が、半固定・遊動のどちらかに切り替えができるのです。

ヘッド部分の開口部にも注目!

炎月フラットバクバクのヘッド部分は、ワイドマウスになっています。

開口部が大きいことで、巻き上げ時にはラインがパイプの上部へ、フォール時には下部へ移動しますよ。

ラインをベストなポジションへ自動調整できるので、フッキングやアタリを取るときに有利に働くでしょう。

2018年新発売の製品カラーラインナップはこちら

炎月フラットバクバクには、8種類のカラーがラインナップされています。

左端から順に、下記のカラーネームが付けられていますよ。

●オレンジゴールド

●レッドゴールド

●ドチャート

●オレンジカーリーSP

●フラッシュオレンジ

●フラッシュレッド

●ゼブラフォール

●アカキンゼブラフォール

これらを使って、フォールタイラバにチャレンジしてみましょう!

同メーカーのおすすめアイテムはこちら

鯛ラバの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY