スローブラットキャスト ワイドで人気のスローショアを極めよう!気になる特徴やインプレ、カラーをまとめてご紹介!

FISHING JAPAN 編集部

アングラーズリパブリックのスローブラットキャスト ワイドというメタルジグを使ったことはありますか?

スロージギングとショアスタイルが融合したショアスローをより攻略し、楽しむことができるルアーとなっています!

さっそく、気になる特徴やインプレ、使い方、カラーバリエーションを一気にご紹介します!

目次

  • アングラーズリパブリックのスローブラットキャスト ワイドの特徴
  • 使い方はこちらの実釣動画をご覧ください!
  • インプレはこちら!
  • カラーラインナップはこちら!
  • スローブラットキャスト スリムも人気です!

アングラーズリパブリックのスローブラットキャスト ワイドの特徴

近距離のポイントや、遠浅のフィールドをメインにしたメタルジグです。

少しテールよりのウエイトバランス設定で、アクション時のフックがリーダーを拾いにくくなっています。

ショアスローで起こるリーリング時とフォール時のバイトチャンスを確実にするには、2箇所のフックが重要です。

そのためこのジグには、フロントフックはデコイ製ツインパイクが、テールにはデコイ製オリジナルシングルショートパイクが付いています!

使い方はこちらの実釣動画をご覧ください!

インプレはこちら!

フォール系のジグは飛距離が出ないイメージがありましたが、飛行姿勢が良くとても飛びます通常の非フォール系ジグと比べても遜色ありません。また、エビ(リヤフックとラインの絡み)がとても少なく、よほど乱暴にアクションをつけなければ問題ありません。他のスリムやオーバルではたまになります。釣果は静岡県、沼津エリアメインでイナダ、カンパチ、オオモンハタ、コチ、エソ、イトヒキアジ、カサゴ、オジサン、タチウオ(ゼブラグロー)など。

出典:アマゾン

他社のスロー系ジグで当たりが無い場合に、ルアーローテーションしたら、大きなカマスが釣れました。フォールのアクションが製品によって違うからだと思うので、ロストしないように、表層から中層用で使用しています。

出典:アマゾン

今季初めて1m30cmのヒラメがこのルアーでサーフより釣れました。その他、1m50cmのスズキ2枚、青物1枚釣れました。色々なルアーを買いましたがこれが一番。

出典:アマゾン

インプレでは飛距離やアクションについての評価の他に、フックとラインが絡みにくいといった扱いやすさについても評価されています。

釣果も青物から根魚まで安定していますよ!

カラーラインナップはこちら!

カラーは全部で14種類あります!

・ゼブラグロー MG-530

・ゼブラレッド H-531

・イワシ H-10

・ピンクバックグロー H-528

・コットンキャンディ H-49

・コガネアジ H-29

・クリアマグマ MG-529

ブルーピンク MG-09

・スーパーシルエット MG-154

・アカキン MG-98

・ゴールドグリーン MG-510

・ゼブラゴールド MG-547

・ゼブラRG MG-556

・ゼブラオレンジ G-552

サイズとカラーバリエーションを何個か持っていると、ルアーローテーションできていいですね!

詳細は、スローブラットキャスト ワイドの公式HPをご覧ください。

ご購入はこちら!

スローブラットキャスト スリムも人気です!

ウェストバランスの異なるスローブラットキャスト スリムも人気があります。

こちらは、ウエイトバランスがセンターに設計されているので操作性がいいです。

テーリングリスクを最小限に抑えたバランスにより、急深フィールドで快適に使用できます。

攻略したいフィールドに合ったタイプを選びましょう!

ご購入はこちら!

関連記事

スローブラットキャスト スリムで遠距離も急深エリアも攻略可能!ショアスロージギングで使える特徴やラインナップを大特集!

皆さんは、水平姿勢で沈んでいくメタルジグを使ったことはありますか? スローブラットキャスト スリムなら、スロージギングを岸からキャストしておこなうことが可能です。 その特徴や…

FISHING JAPAN 編集部

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY