ロッド 写真

ソルティガBJローレスポンスは2018年新発売のベイジギング専用ロッド!低反発素材のメリットとは?

FISHING JAPAN 編集部

ダイワから2018年新発売されるベイジギング専用ロッド、ソルティガBJローレスポンス。

ローレスポンスとは、ズバリ!低反発素材を使った粘り強さ優先のロッドアクションのことです。

その性能や実釣インプレ動画・製品ラインナップを見てみましょう。

目次

  • ソルティガBJローレスポンスってどんなロッドなの?
  • ソルティガBJローレスポンスの特徴
  • リールシートに注目!エアセンサーシート

ソルティガBJローレスポンスってどんなロッドなの?

ソルティガBJローレスポンスとは、低弾性ブランク+メガトップを採用し、張りを落として粘り強さをアップさせたベイジギングロッドです。

ベイトロッド2機種とスピニングロッド1機種が用意されていますよ。

全て1ピース構造で継ぎ目がありません。

ロッド 写真

上がベイトタックルの63XHB-S・V、下がスピニングタックルの63XHS-S・V

出典:ダイワ

ソルティガBJローレスポンスの特徴

このロッドは、低反発な素材を使うことで、ジグのアクションをより滑らかに演出できますよ。

それが自然なスイムアクションを引き起こし、青物やタチウオ・マダイなどに違和感を与えないで口を使わせることにつながっていくのです。

リズミカルなワンピッチジャークやジャカジャカ巻きなど、さまざまな誘い方を試してください。

製品テスターによる実釣インプレ動画はこちら

リールシートに注目!エアセンサーシート

ソルティガBJローレスポンスには、カーボン素材入りのリールシートが搭載されています。

それにより軽量で高い強度と感度を共存させることに成功しました。

操作性の向上を目指した、ダイワの工夫がここにも見い出せますね。

2018年新発売の製品ラインナップとスペック表はこちら

ソルティガBJローレスポンス長さ(m)継ぎ数自重(g)適合ジグ(g)適合ライン(PE号)カーボン含有率(%)メーカー希望本体価格(円)
63HB-S・V1.91113560-1200.6-1.29448,000
63XHB-S・V1.91114360-1500.8-1.59448,500
63XHS-S・V1.91113360-1500.8-1.59548,500

ソルティガBJローレスポンスを使えば、ジグを絶妙に操作しながら、食い付いた魚を弾くことなく確実にフッキングに持ち込める柔軟性を実感できますよ。

ロッドがよく曲がることを優先したローレスポンスコンセプトを、ぜひ使いこなしてみたいものです。

同メーカーのおすすめアイテムはこちら

ベイジギングの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング