ワーム 写真

ちぎるだけの簡単バカ釣れチューン!バブルリーチの威力!気になる使い方、特長、カラーラインナップをご紹介!

FISHING JAPAN 編集部

ルアーやワームを使う上で工夫を凝らすチューニング。

フックの大きさを変えたり、接着したりなど人それぞれこだわりもあるかと思いますが・・・

今回はちぎるだけで凄く釣れる、簡単チューンをご紹介します!

目次

  • 特徴的な艶めかしい動きで魚を誘うバブルリーチ
  • チューニング方法はフックの大きさに合わせてちぎるだけ?
  • ボディサイズの使い分けで状況に応じた効果的な使い方とは?

特徴的な艶めかしい動きで魚を誘うバブルリーチ

バークレイから発売されているバブルリーチ。

ワームの特徴は、テイル部分が薄く平べったい形をしているため、巻いてる時やフォール中など何もしなくてもゆらゆらと誘ってくれます。

このボリュームやナチュラルなアクションはベイトを追いかけるアジやメバルにも効果は抜群で、筆者もとてもお世話になっています。

写真はタダ巻きで釣ったアジです。

大型の個体を狙えるのも魅力的です。

しかしバブルリーチは2.5インチあるため、狙う魚のサイズによっては少し大きいかな?と感じている方も多いかもしれません。

しかしこの艶めかしい動きが魚に効くのにもったいない!

アベレージサイズが小さくても問題なし。

使い方次第でローテーションの1つに超オススメのチューニングなので、是非お試しください。

チューニング方法はフックの大きさに合わせてちぎるだけ?

上がノーマルサイズ、下がチューンしたものです。

ボリュームがあるのはボディ部分。

そのためボディさえカットしてしまえば、テイル部分は長くても口の中にすっぽり入ります。

アミなどの小さいエサだけでなく、ゴカイなどの長めのエサも捕食しているアジやメバル!

20cm以下がアベレージの漁港内でも、バブルリーチは大きな戦力になりますね。

ボディサイズの使い分けで状況に応じた効果的な使い方とは?

パターン別の使い方の1つの例として、イワシなど小魚を捕食している魚には、ノーマルサイズをタダ巻きで使用します。

エビやカニなど甲殻類を捕食している場合は、カットしたワームでリフト&フォール。

ゴカイなど虫エサを捕食している場合は、カットしたワームをタダ巻きで使用します。

このようにバークレイ バブルリーチは1つのワームで色んな状況に対応できるのが大きな特徴です。

バブルリーチのカラーラインナップや便利な特徴はこちら

左から

●CL(クリア)

●CLCH(クリアチャートリュース)

●CLRR(クリアレッドフレック)

●OCGL(オキアミコッパーグロー)

●CGF(クリアゴールドフレック)

の厳選5色のラインナップ!

状況に合わせてカラーローテーションもバッチリです。

しかもワームを真っ直ぐに刺すのが苦手って人もスリット付きなので簡単セットできる心遣いがありがたいですね。

皆さん是非お試しくださいね!

詳細はこちらをご覧下さい。

製品のご購入はこちら

関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング