ワーム 写真

ちぎるだけの簡単バカ釣れチューン!バブルリーチの威力!気になる使い方、特長、カラーラインナップをご紹介!

FISHING JAPAN 編集部

ルアーやワームを使う上で工夫を凝らすチューニング。

フックの大きさを変えたり、接着したりなど人それぞれこだわりもあるかと思いますが・・・

今回はちぎるだけで凄く釣れる、簡単チューンをご紹介します!

目次

  • 特徴的な艶めかしい動きで魚を誘うバブルリーチ
  • チューニング方法はフックの大きさに合わせてちぎるだけ?
  • ボディサイズの使い分けで状況に応じた効果的な使い方とは?

特徴的な艶めかしい動きで魚を誘うバブルリーチ

バークレイから発売されているバブルリーチ。

ワームの特徴は、テイル部分が薄く平べったい形をしているため、巻いてる時やフォール中など何もしなくてもゆらゆらと誘ってくれます。

このボリュームやナチュラルなアクションはベイトを追いかけるアジやメバルにも効果は抜群で、筆者もとてもお世話になっています。

写真はタダ巻きで釣ったアジです。

大型の個体を狙えるのも魅力的です。

しかしバブルリーチは2.5インチあるため、狙う魚のサイズによっては少し大きいかな?と感じている方も多いかもしれません。

しかしこの艶めかしい動きが魚に効くのにもったいない!

アベレージサイズが小さくても問題なし。

使い方次第でローテーションの1つに超オススメのチューニングなので、是非お試しください。

チューニング方法はフックの大きさに合わせてちぎるだけ?

上がノーマルサイズ、下がチューンしたものです。

ボリュームがあるのはボディ部分。

そのためボディさえカットしてしまえば、テイル部分は長くても口の中にすっぽり入ります。

アミなどの小さいエサだけでなく、ゴカイなどの長めのエサも捕食しているアジやメバル!

20cm以下がアベレージの漁港内でも、バブルリーチは大きな戦力になりますね。

ボディサイズの使い分けで状況に応じた効果的な使い方とは?

12

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で記事の編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテラン釣り師や釣り雑誌元編集長、釣りガイドの人気インストラクターなど、バライティーに富んだ総勢15名が在籍し、釣り関連の幅広い記事を毎日配信しております。

釣り上級者から釣りを全く知らない方にも、釣りの魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるような記事配信に今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY