タックル 写真

アユ釣り解禁に備えよう!2018年も気になる製品続出!タックル・イン・ジャパンの新製品を見逃すな!

森川学

釣り人の皆さん、タックル・イン・ジャパンの新製品は、またまた痒いところに手が届く製品のオンパレードですよ。

細部まで考えぬかれた使いやすいものから、今までになかったものまで、気になる製品が目白押しです。

今からの時期、アユ釣りの仕掛けを作るのに必要な製品がいっぱいです。

では、早速ご紹介しましょう。

目次

  • イカリ巻きの必需品!イカリマイター
  • 仕掛けの長さ調整はお任せ!クロスメジャー
  • こんなの初めて!鮎・アルミロッドケースTRIPLE
  • 持ちやすい!縦打背針
  • 一日の仕掛けはこれでOK!アユ・ワンデイスタッフケース
  • その他の新製品

イカリ巻きの必需品!イカリマイター

3本イカリや4本イカリを、簡単に巻く事が出来る道具です。

付属の5種類あるアジャスターを、ハリの軸の太さに合わせて選択して本体にセットします。

強力なネオジウム磁石とアジャスターでハリをしっかり固定してハリが巻きやすくなります。

1日に数多くハリを巻くと指先が痛くなっていましたが、これを使うとその心配はありません。

5.5号の小針にも対応しています。

詳細はこちらからご覧ください。

仕掛けの長さ調整はお任せ!クロスメジャー

1巻で1メートルの仕掛け作り用メジャーです。

仕掛けの手直しにはたいへん重宝します。

最近は、出来合いの完成仕掛けを使っている方も多いと思いますが、そんな人には特にお勧めです。

川で竿を伸ばしてからの仕掛けの長さ調整は、非常に面倒ですよね。

よく河原に竿を置いて長さ調整しているのを見かけますが、大切な竿を痛める原因になります。

この「クロスメジャー」を使って自宅で事前に仕掛けの長さを調整しておけば、釣り始めが非常にスムーズになります。

組み立て式でコンパクトに収納可能なところもいいですね。

詳細はこちらからご覧ください。

こんなの初めて!鮎・アルミロッドケースTRIPLE

アルミ製でアユ竿が3本入るロッドケースです。

スペース効率がいい三角形の形状は今までに無かった形でスタイリッシュです。

開口部が大きく開いて竿が取り出しやすく設計されています。

長さは146cmのロッドが入るタイプと156cmのロッドが入るタイプの2種類で、それぞれにシルバー、ブルー、レッドのカラーバリエーションがあります。

詳細はこちらからご覧ください。

持ちやすい!縦打背針

つまみやすい平打ち、背針が抜けにくい半スレの背針です。

20本入って300円は、財布にやさしい価格設定ですね。

詳細はこちらからご覧ください。

一日の仕掛けはこれでOK!アユ・ワンデイスタッフケース

1つのケースにハリと仕掛けをまとめて収納出来るケースです。

1日の釣行にはこれ1つで十分ですね。

仕掛け巻きが8セット収納可能で、ハリは11本あるスリットを使って自由に収納する事が出来ます。

詳細はこちらからご覧ください。

その他の新製品

防水スタッフパック

小物の携帯に便利です。

ラインカッターα

自動で収納するストレートニードルが付いています。

ラクラクブーツハンガー

ウエダーやタビを干すのに便利です。

仕掛バサミNF

細かい作業に最適な先鋭タイプです。

アユ釣り解禁に備えよう!

どの新製品も魅力的ですね。

そろそろアユの仕掛け作りを始める時期です。

これらの新製品を使って今年のアユ釣り解禁に備えてはいかがでしょうか。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

森川学

さまざまな釣りに精通し、アユ釣り歴は30年。チーム鮎香の会長を務め、毎年アユ釣り100日を目標に釣行しています。釣行記を中心に製品情報なども掲載します。

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング