リール 写真

スティーズA TWに2018年追加モデル登場!その特徴と製品ラインナップを紹介します!

FISHING JAPAN 編集部

高強度アルミニウム製フレームを採用したダイワのベイトリール・スティーズA TWに、2018年追加モデルが合流することになりました。

これまでは、ギア比6.3と7.1のものだけでしたが、一体どのように変わるのでしょう。

その特徴と製品ラインナップをご紹介します。

目次

  • 2018年追加モデルが発表になったスティーズA TWってどんなリールなの?
  • スティーズA TWの特徴はアルミニウム製のスーパーメタルハウジング
  • TWSでトラブルレスなキャストが可能

2018年追加モデルが発表になったスティーズA TWってどんなリールなの?

スティーズA TWとは、手で包み込めるほどコンパクトでありながら、タフさも兼ね備えているスティーズSV TWベイトリールの兄弟シリーズのこと。

高強度アルミニウム製フレームを採用しており、実釣で使い込んでも滑らかで軽い回転性能を維持してくれますよ。

カチッとした揺るぎない剛性感は、釣り人に安心を与えてくれますよね。

スティーズA TWの特徴はアルミニウム製のスーパーメタルハウジング

このリールの剛性感が、そのまま人気を支える原動力になっています。

しかしながら、発売当初は選択できるギア比が少ないのがデメリットとして指摘されていました。

もっとハイギアのものを、もしくはもっとローギアのものを欲する釣り人からの強いリクエストが、2018年の追加モデルに反映されたと感じますね。

TWSでトラブルレスなキャストが可能

スティーズA TWには、定評のあるTWSが搭載されています。

これはT型シェイプのレベルワインドが、クラッチの切り替えに連動する仕組みになっていて、キャスト時のラインの摩擦抵抗を軽減してくれるようになっているんですよ。

ピニオンギアの部分には、防サビ・防水効果の高いマグシールドベアリングを設置。

耐久性の向上もはかられています。

追加モデルのラインナップとスペック表はこちら

スティーズA TW巻取り長さ(cm)ギア比自重(g)最大ドラグ力(kg)スプール径(mm)糸巻量(ナイロンlb-m)ベアリング数(BB/ローラー)ハンドル長さ(mm)メーカー希望販売価格(円)
1016-CC565.319063416-1008/19046,200
1016L-CC565.319063416-1008/19046,200
1016XH868.119063416-1008/19046,200
1016XHL868.119063416-1008/19046,200

2018年に追加モデルが発表になったスティーズA TW、そのアルミニウムフレームという特徴は、同時期にリリースされるシマノのバンタムMGLと奇しくも同じ。

比較される対象になるのは、間違いないでしょう。

果たしてどちらが釣り人の支持を数多く得るのか、今から楽しみですね!

現行モデルのご購入はこちら

ベイトリールの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY