リール 写真

スイッチヒッターLBDは2018新発売となるレバーブレーキリール!その特徴やラインナップを大公開!

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは、レバーブレーキのリールを使ってシーバスを釣ったことがありますか?

ダイワから2018年に新発売されるスイッチヒッターLBDは、レバーブレーキを搭載したスピニングリールです。

その特徴や製品ラインナップをご紹介しましょう。

目次

  • 2018年新発売のスイッチヒッターLBDとはどんなレパーブレーキリールなの?
  • スイッチヒッターLBDの特徴
  • ロングストロークと大口径のスプールがもたらす効果とは?

2018年新発売のスイッチヒッターLBDとはどんなレパーブレーキリールなの?

2018年新発売のスイッチヒッターLBDは、シーバス釣りに活用するためのレバーブレーキを標準装備しています。

レバーブレーキとは、リールを握ったときにちょうど人差指がかかる位置にアームが突き出してくる形を採用した、手動式のブレーキシステムのこと。

指をかけてアームを押したり引っ張ったりすることで、ラインのストップや送り出しができるようになっています。

ルアーをアクションさせるときにも重宝しますよ。

スイッチヒッターLBDの特徴

このリールには、ねじ込み式のハンドルが取り付けられるようになっています。

これにより、好みの形のハンドルやハンドル長に換えることが可能になりました。

ハンドルの好みは釣り人それぞれですから、とても嬉しい機能といえるでしょう。

ロングストロークと大口径のスプールがもたらす効果とは?

12

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY