リール 写真

Newカルディアが2018年フルモデルチェンジで登場!そのスペックと製品ラインナップをチェック!

FISHING JAPAN 編集部

2018年ダイワの新作スピニングリールに、Newカルディアも加わります!

18イグジストやフリームスと同様の「LTコンセプト」を搭載しての登場に、喜んでいる釣り人は多いでしょう。

その詳細スペックや製品ラインナップをご紹介します。

目次

  • 2018年登場のNewカルディアってどんなスピニングリールなの?
  • Newカルディアの特徴はザイオン素材にあり!
  • 新作リールに採用されているマグシールド

2018年登場のNewカルディアってどんなスピニングリールなの?

Newカルディアとは、軽量化とタフさを兼ね備えた2018年登場の新作スピニングリールです。

搭載されているLTコンセプトこそ軽量化と耐久性を目指したもので、ボディ・スプール・ハンドルに至る徹底した軽量化へのこだわりと、リールのギアやボディ素材をタフなものへと進化させているところに、はっきりと表れています。

メーカー担当者による製品解説動画はこちら

Newカルディアの特徴はザイオン素材にあり!

このリールのローターやボディに採用しているのは、ザイオンと呼ばれる高密度カーボン素材。

これが驚異的な軽さと剛性を両立させています。

簡単にいえば、樹脂の中にカーボン繊維を折り込んで複雑な形状に加工しているということ。

以前はこれができなかったのが、ダイワの先進技術により可能になったのです。

新作リールに採用されているマグシールド

Newカルディアにはボディのピニオン部分に、マグシールドが施されています。

これにより、ボディとローターの間に磁性を持つオイルの壁を作ることができるのです。

その壁で海水やホコリなどをシャットアウトし、独自の防水構造を作り上げています。

製品ラインナップとスペック表はこちら

Newカルディア巻取り長さ(cm)ギア比自重(g)最大ドラグ力(kg)糸巻量(PE号-m)ベアリング数(BB/ローラー)メーカー希望本体価格(円)
LT1000S-P604.817050.3-2006/121,900
LT2000S685.217050.4-2006/121,900
LT2000S-XH816.217050.4-2006/121,900
LT2500755.3190100.8-2006/122,500
LT2500-XH876.2 190100.8-2006/122,500
LT2500S755.318550.8-2006/122,500
LT2500S-XH876.218550.8-2006/122,500
Newカルディア巻取り長さ(cm)ギア比自重(g)最大ドラグ力(kg)糸巻量(PE号-m)ベアリング数(BB/ローラー)メーカー希望本体価格(円)
LT3000-CXH936.2 195101-2006/123,800
LT4000-CXH996.2 225121.5-2006/126,500
LT5000D-CXH1056.2 240122.5-3006/128,300
LT6000D925.1315123-3006/129,500

Newカルディアの価格に注目してください。

これだけのスペックを搭載して、定価で2万円台をキープしています。

ユーザーが買い求めやすい価格帯に、最新の技術を投入してくれるのが嬉しいですね。

フィッシングショーで手に取るのが楽しみになってきました!

スピニングリールの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

1位

Newステラ発売決定!2018年シマノ新作フラッグシップモデル全機種スペック大公開!!

待ちに待った日本を代表するハイエンドスピニングリールが2018年新しくなります!

2位

【シマノ2018年新作リール最新情報】バンタムシリーズに待望のベイトリールが登場!

新作リールの感触を真っ先に確かめたい人は1月から開催されるフィッシングショーへ行きましょう。

3位

昔からレッドヘッドカラーがルアーに使われるのはなぜ?その理由をじっくり考えてみよう!

ルアーには数多くのカラーが塗られていて、それぞれに理由があります。

記事ランキングをすべて見る