テンヤ釣り マダイ 写真

テンヤ釣りって2種類あるよ!テンヤといっても本当にいろいろ!名前の由来や種類までわかりやすく解説します!

FISHING JAPAN 編集部

沖釣りでは、「テンヤ釣り」という言葉をよく耳にしますが、このテンヤという言葉にはどういう意味があるのかご存知でしょうか?

ちょっと調べてみると、てんや=店家という言葉しか出てこなかったりします。

昔の商家では、自宅と仕事場がつながった町屋が多かったです。

これを店屋と呼んだんですよね。

そこで、店=自宅という方程式から導き出された答えは、釣りに使われるテンヤもオモリとハリが一体になっているため、オモリ=ハリという方程式から店屋という呼び名がそのままテンヤ釣りのテンヤに転用されたのでは?というものです。

どこまで本当かわかりませんが、答えが見つからないだけにひとつの参考にはなりますね。

こんなテンヤの由来はさておき、実はこのテンヤには2種類あるって知っていますか?

どんな種類があるのか、見ていきましょう!

目次

  • ひとつはおなじみ鯛テンヤ
  • もうひとつはタチウオテンヤやタコテンヤ
  • 誘ってひっかけて釣るテンヤも

ひとつはおなじみ鯛テンヤ

釣りに使われる2種類のテンヤ。

ひとつは鯛テンヤに代表されるもので、長軸のハリのチモトにオモリがつき、このオモリをしゃくることによってエサをおどらせて魚を誘うものです。

このタイプのテンヤは、ハリにエビなどのエサを刺し、魚にサシエを食わせて釣り上げるのが基本です。

ところがエサを食いに寄ってきた魚を、大きな掛けバリで引っかけて釣るテンヤもあります。

それがもうひとつのテンヤなんです。

もうひとつはタチウオテンヤやタコテンヤ

2つ目のテンヤで代表的なものは、タチウオテンヤやタコテンヤになります。

タチウオテンヤは、かなり軸長で大きなハリのチモトに丸型や魚の頭の形をしたオモリがついており、狙ったタナに落ち着くと水中でハリ先を下にしてほぼ水平になります。

タチウオは、テンヤに縛りつけたエサを下側(魚の腹側)から襲って食べようとします。

それも一気にかぶりつくのではなく、腹の周りからかじり取るように食うため、コツコツとしたアタリが出ます。

このときに竿を跳ね上げて合わせると、下側を向いている大きなハリのハリ先がタチウオの頭の周辺に掛かるようになっているのです。

そのため、タチウオテンヤのハリというのは、鯛テンヤのような食わせバリではなく、引っかけて釣る掛けバリの一種なのです。

誘ってひっかけて釣るテンヤも

12

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY