ギア 写真

Newステラ発売決定!2018年シマノ新作フラッグシップモデル全機種スペック大公開!!

FISHING JAPAN 編集部

Newステラが2018年に新発売されることが決まりました!!

シマノのハイエンドモデル、日本を代表するスピニングリールの登場を待ち望んでいた釣り人は多いでしょう。

全機種のスペックが明らかになりましたので、最新情報を公開します!

あなたが欲しかったステラが、どんなふうに生まれ変わったのかチェックしてください!

目次

  • 2018年新発売のNewステラはどこが変わったの?
  • Newステラの防水機能に注目!
  • 本体ボディはシルバーが基調で引き締まった印象

2018年新発売のNewステラはどこが変わったの?

Newステラには、滑らかな巻き心地がさらに進化した、マイクロモジュールギアⅡが搭載されています。

ギアの強度は格段に向上していて、例えば2500番クラスはそれより大型の4000番相当以上の強さを誇っているとのことです。

ギアそのものにも特殊な表面処理を施した、HAGANEギアが採用されていますよ。

これで大物が掛かっても安心してやり取りができるでしょう。

製品16機種のスペックはこちら

Newステラギア比最大ドラグ力(kg)自重(g)PE糸巻量(号-m)フロロ糸巻量(lb-m)最大巻上げ長(cm)ベアリング数(BB/ローラー)メーカー希望販売価格(円)
1000S SSPG4.63.01650.3-1202-805812/179,800
1000S SSDH5.13.01750.3-1202-806414/180,800
C2000S5.13.01700.6-1503-1106912/179,800
C2000S HG6.13.01700.6-1503-1108212/179,800
Newステラギア比最大ドラグ力(kg)自重(g)PE糸巻量(号-m)フロロ糸巻量(lb-m)最大巻上げ長(cm)ベアリング数(BB/ローラー)メーカー希望販売価格(円)
C2500S HG6.03.01800.8-1505-1008112/180,900
2500S5.34.02050.8-1505-1007812/181,900
2500S HG6.04.02050.8-1505-1008912/181,900
C30005.39.02101.5-2704号-1007812/181,900
Newステラギア比最大ドラグ力(kg)自重(g)PE糸巻量(号-m)フロロ糸巻量(lb-m)最大巻上げ長(cm)ベアリング数(BB/ローラー)メーカー希望販売価格(円)
C3000S DHHG6.09.02150.8-1505-1008914/184,000
C3000 XG6.49.02101.5-2704号-1009412/181,900
C3000M HG6.09.02101.2-1508-1108912/181,900
3000M HG5.89.0未定1.2-1508-1108612/183,000
Newステラギア比最大ドラグ力(kg)自重(g)PE糸巻量(号-m)ナイロン糸巻量(号-m)最大巻上げ長(cm)ベアリング数(BB/ローラー)メーカー希望販売価格(円)
40005.311.0未定1.5-3204-1508712/183,000
4000XG6.211.0未定1.5-3204-15010112/183,000
4000M HG5.811.0未定1.5-2003-1209512/183,000
C5000 XG6.211.0未定2-3005-15010112/185,900

Newステラの防水機能に注目!

シマノのスピニングリールには、コアプロテクトという防水機能が搭載されています。

しかしNewステラには、それをさらに進化させた「X PROTECT」が採用されました。

ボディとラインローラーに「X PROTECT」を施したおかげで、水分の侵入をシャットアウトできるようになり、より耐久性がアップしたのです。

また、スプールを外したときに見えるボディ部分のデザインが、ラインを吸い込まないように外側に向けて反っていますよ。

こういった細かな部分の改良の積み重ねが、Newステラの高評価につながっていくでしょう。

ニューステラ 前作とは違って超カッコいい ゴールドがなくなってより高級感が出た ギヤは2倍の強度 ノイズは半分以下のヌルヌル ラインローラーは5倍以上長持ち メインテナンスもできる ザバザバ洗っても全く水は入らないラビリンス機構 ラインをシャフトに絡ませない ネズミ返し機能(これは勝手にネズミ返しと)言っている 笑

村田 基さんの投稿 2017年12月22日(金)

本体ボディはシルバーが基調で引き締まった印象

Newステラの外観は、現行ステラと比較すると、シルバーがとても目立つ印象ですね。

ゴールドを着色しているのは、ほぼスプールエッジのみとなっているので、とても引き締まったイメージのリールに仕上がっています。

その質感と巻き心地を体感するには、フィッシングショーへ行くしかありません。

釣り人の皆さん、2018年1月から全国で開催されるこの釣りイベントに、是非足を運んでみてくださいね!

現行モデルのご購入はこちら

ステラの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

1位

Newステラ発売決定!2018年シマノ新作フラッグシップモデル全機種スペック大公開!!

待ちに待った日本を代表するハイエンドスピニングリールが2018年新しくなります!

2位

【シマノ2018年新作リール最新情報】バンタムシリーズに待望のベイトリールが登場!

新作リールの感触を真っ先に確かめたい人は1月から開催されるフィッシングショーへ行きましょう。

3位

昔からレッドヘッドカラーがルアーに使われるのはなぜ?その理由をじっくり考えてみよう!

ルアーには数多くのカラーが塗られていて、それぞれに理由があります。

記事ランキングをすべて見る