アジ 写真

アジングに冬の漁港でチャレンジしよう!おすすめタックルや釣り方解説動画をご紹介します!

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは、冬のアジングを楽しんだことはありますか?

水温が下がり切るまでは、漁港内でアジを狙えますよ。

当然メバルやカサゴも対象魚になりますよね。

ここでは、その釣り方や使用タックル、特にロッド・リール・ライン・ワームについてご紹介します。

目次

  • 冬のアジングを漁港内でおこなうときの注意点
  • アジングの特徴
  • 使用するアジングタックルはこれだ!ロッド・リール・ライン・ワーム

冬のアジングを漁港内でおこなうときの注意点

冬のアジングは、メバルなどのロックフィッシュも同じ漁港内で釣れるので、とても人気が高いですよ。

ということは、ひとつの釣り場にたくさんの釣り人が集まるということになります。

釣り場スペースの取り合いや、タックル同士がぶつかることがないよう、他の釣り人に配慮しながらアジングをするように心がけてくださいね。

アジングの特徴

冬のアジングは日中からスタートできます。

漁港内に深場に当たるミオ筋からのカケアガリを、遠投で狙ってみましょう。

風が吹きつけている面にもアジが流れ着いているかもしれませんから、丁寧に攻めてみてください。

使用するアジングタックルはこれだ!ロッド・リール・ライン・ワーム

冬のアジングに使用するタックルは、他の魚種も釣れてしまうことを考えて、手返しよく柔軟に扱える短めのロッドをおすすめします。

具体的には6フィートから7フィートのライトアクション・スピニングロッドに、1000番から2000番のスピニングリールをつけてください。

ラインはPEラインの0.3号に1号のリーダーを結びましょう。

ワームはストレートワームを基本にして、さまざまなカラーや形をローテーションしてあげると効果的です。

ジグヘッドは風の強さにもよりますが、1グラム前後で数種類用意しておくようにしましょう。

冬の漁港の釣りを分かりやすく解説している動画はこちら

夜のアジングは、常夜灯の位置の確認から始めましょう。

ライトが水面に当たっていたら、アジが集まっている確率が高いですよ。

陰のエリアにルアーを投入すると、メバルが反応しやすいでしょう。

状況変化に合わせてタックルを変えていく柔軟性が、釣り人に求められますね。

おすすめアイテムのご購入はこちら

アジングの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング