ロックフィッシュ 写真

ロックフィッシュを冬の漁港で狙うにはどうすればいいの?おすすめロッドやルアーを紹介します!

FISHING JAPAN 編集部

冬シーズンのロックフィッシュゲームなら、季節風をかわしながら釣りができる漁港がおすすめです。

でもどんなふうに攻めるのがいいのでしょう?

ここではその釣り方やおすすめロッド・リール・ライン・ルアーをご紹介します。

ワーム+ジグヘッドだけに頼らなくても、ロックフィッシュは釣れますよ!

目次

  • ロックフィッシュを漁港で狙う!どんなルアーを使えばいいの?
  • ワームに頼らずメタルジグでロックフィッシュを狙おう!
  • 使用ロッド・リール・ラインはどんなものを選べばいいの?

ロックフィッシュを漁港で狙う!どんなルアーを使えばいいの?

ロックフィッシュゲームといえば、ワームの釣りを思い浮かべてしまいますが、実はそれだけではありません。

特に風の強い日などでは、軽量なワームだとアタリが取れないことも。

そんなとき頼りになるルアーが、メタルジグです。

軽量スリムなメタルジグで狙う釣り方を分かりやすく解説している動画はこちら

ワームに頼らずメタルジグでロックフィッシュを狙おう!

メタルジグといっても、船釣りやショアジギングで用いるような重量級ビッグサイズを使うわけではありません。

5グラム前後の軽量スリムなメタルジグを使用しますよ。

漁港の護岸・壁沿いに落とし込んで、タテ方向にロッドをあおりながらフォールさせて食わせましょう。

使用ロッド・リール・ラインはどんなものを選べばいいの?

漁港におけるロックフィッシュゲームで、メタルジグを操る場合のタックルについて説明します。

ロッドは7~8フィートのライトアクション・スピニングロッドを選んでください。

メタルジグをしゃくるので、ソリッドモデルよりチューブラーモデルのほうが操りやすいでしょう。

リールは2000番台のスピニングリール、ラインはPEラインの0.3~4号で、リーダーがフロロカーボンラインの1号を結ぶのがおすすめです。

ロックフィッシュをエサ釣り感覚で狙うのではなく、反射食いで釣っていくアプローチはとても魅力的ですね。

デイゲームはもちろん、ナイトゲームでも効果的なので、ワームとローテーションしながら使ってみても楽しめるかもしれませんよ。

おすすめアイテムのご購入はこちら

ロックフィッシュの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング