魚 写真

プラスチックが食い込んだ魚が釣れた…!?あなたの落とした小さなゴミが、魚の小さな命を奪っているかもしれません…

FISHING JAPAN 編集部

釣りを楽しんでいる皆さんは、きちんとマナーを守っていますか?

カナダで、プラスチックのゴミが体に巻き付いたまま成長した魚が釣り上げられました。

目次

  • すこし奇妙な形をした魚が釣り上げられました。
  • 体に食い込むプラスチック
  • 日本も例外ではない問題です!

すこし奇妙な形をした魚が釣り上げられました。

Adam Turnbullさんの投稿 2017年10月28日(土)

こちらの魚は、ノーザンパイクという魚です。

日本には生息していない魚ですが、北アメリカやヨーロッパではゲームフィッシュとして人気です。

体が変形してくびれているのがわかります。

体に食い込むプラスチック

Adam Turnbullさんの投稿 2017年10月28日(土)

プラスチックを何年も体に食い込ませたまま、成長してきたのでしょうか。

とても痛々しくて、思わず目を背けたくなってしまいます。

このノーザンパイクを釣り上げたアダム・ターンボールさんは、体に巻き付いていたゴミをきれいに取ってあげました。

Adam Turnbullさんの投稿 2017年10月28日(土)

するとどうやら、ゴミの正体は、スポーツドリンクのパッケージフィルムだったようで、彼はこの写真をFacebookに投稿し、こう呼びかけています。

Pick up your garbage. This is a Powerade wrapper which takes up no room in your pocket until you get to a garbage can. Please share!

出典:Facebook

ゴミを捨てないで!これはスポーツドリンクのパッケージの一部です。ゴミ箱が見つかるまで、ポケットに入れていたって邪魔にはならないでしょう?

アダム・ターンボールさんもこのノーザンパイクの姿に衝撃を受けたようで、投稿のシェアを呼びかけました。

その結果、3万件以上シェアされ、複数のメディアにも取り上げられたようです。

日本も例外ではない問題です!

人間にとっては小さなゴミも、小さな魚にとってはどうでしょうか?

日本でも、体内からプラスチック片が見つかった魚が発見されたというニュースが以前ありました。

釣りのターゲットとして私たちを楽しませてくれる上に、食べて美味しい魚たち。

心から感謝しながら、マナーを守って釣りを楽しんでいけるとよいですね。

ゴミは、たとえ他の人が出したものでも、持ち帰りましょう。

そんな広い心を持った釣り人でいたいですね!

関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

1位

ショアジギングでブリを狙いたい!使うロッドやリール・ライン・ルアーはどうすればいいの?

冬は青物の接岸が期待できますからショアジギング初心者が始めるのに好都合です。

2位

ダイワ2018年新作リールを大胆予想してみた!アメリカ先行発売モデルは日本でも登場するのか!?

2018年のフィッシングショー開催までに各種新作タックル情報がどんどん公開されますよ。

3位

里田まいさんも釣りガールだった!大きなタイを釣り上げたにっこり笑顔がかわいすぎる!夫・田中将大選手の釣りに関する情報も!

里田まいさんの旦那さんは、MLBニューヨーク・ヤンキースの投手・田中将大選手です!

記事ランキングをすべて見る