カルカッタコンクエストBFSはシリーズ最新作!待望のベイトフィネスモデルの特徴・インプレをまとめてご紹介!

FISHING JAPAN 編集部

カルカッタコンクエストBFSは、シマノの人気リールシリーズ、「カルカッタコンクエスト」の最新作です。

円形リールが特徴のこのシリーズの最新作は、なんとベイトフィネスモデルです!

ベイトフィネス用の円形リールって珍しいですよね。

今回は、そんなシリーズ最新作の特徴とインプレをご紹介します。

目次

  • カルカッタコンクエストBFSの特徴
  • ベイトフィネス初の円形リール
  • インプレをご紹介!

カルカッタコンクエストBFSの特徴

カルカッタコンクエストBFSは、剛性感に滑らかさが加わった官能的な巻き心地が特徴のベイトフィネス初となる円形リールです。

ベアリングやオイルもベイトフィネス仕様で、駆動部にはマイクロモジュールギアが組み込まれているため、釣り人は滑らかでノイズの少ない巻き心地を堪能できます。

軽量シャッドや近年流行の渓流ベイトフィネスにも対応しています!

ベイトフィネス初の円形リール

シマノは独自のブレーキ新機構を開発し、ベイトフィネスの最軽量スプールを追求しました。

これまで軽量ルアーを扱うためには、スプールの軽量化が最重要課題であり、従来のブレーキシステムには限界がありました。

そこでカルカッタコンクエストBFSに搭載されている「FTB(フィネスチューンブレーキシステム)」は、スプールからブレーキユニットを排除することで、シマノベイトフィネスリール史上最軽量のスプールを実現しました。

インプレをご紹介!

右巻き、左巻きがラインナップされています。

インプレはあわせてご確認ください!

巻き心地は言うまでもなく非常に滑らかで、手の小さな私でもパーミングしやすく、手元に重心があり、思っていたよりも疲れず扱いやすいです。

出典:アマゾン

海で、ベイトリールでマイクロジギングをしたくて購入しました。まずPE0.6号80mほど巻いて、7gのポッパー、5~7gのジグを投げてみました。思ってた以上に飛びます。

出典:アマゾン

渓流用に購入。他にもBFS用リールを持っているがどれも軽い物なのでBFS用にしては重いなと思ったがこれがとても良い。

出典:アマゾン

ご購入の際は、右巻き、左巻きにご注意ください。

リールのスペック詳細・ご購入はこちらをご覧ください。

ベイトフィネスは軽いルアーをキャストするので、少し難しいイメージがあるかもしれません。

しかしベイトフィネス用のリールがあれば、そんな心配はご無用です。

ベイトフィネスを試したことのない方は、一度チャレンジしてみるのも楽しいかもしれませんよ。

関連記事

カシータスMGLは飛距離がすごい!ベイトフィネスにも使えるシマノのベイトリールの実力を、伊藤巧プロのインプレと一緒にご紹介!

シマノ カシータスMGLは、誰でも使いやすいバーサタイル性能に優れたベイトリールです。 安価でありながら、シマノが独自に開発した、抜群の飛距離を出せるスプールと遠心力ブレーキを搭載…

FISHING JAPAN 編集部

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY