バス ルアー 写真

ダブルスイッシャーで細身タイプが人気なワケは?キーワードは無防備と油断!その使い方や特徴を徹底分析!

FISHING JAPAN 編集部

トップウォーターフリークの中でも、細身のダブルスイッシャーに頼る釣り人は多いです。

それくらいよく釣れるという定評があるのです。

では、そもそもその理由はどこにあるのでしょうか?

例えば、背びれのあるボディデザイン?

またはトップウォーターアクションにありがちな首振り?

自作の回転プロップに交換して使う釣り人も出てきました。

おすすめの使い方をじっくり検証してみましょう。

目次

  • 細身のダブルスイッシャー人気は昔から!背びれなどの自作チューンを施すケースも
  • 細身のダブルスイッシャーの使い方!首振りよりもただ巻き優先
  • キーワードは無防備!油断している生き物の演出をおすすめします

細身のダブルスイッシャー人気は昔から!背びれなどの自作チューンを施すケースも

ダブルスイッシャーとは、ボディの前後に回転プロップの付いたルアーのことです。

水面に浮くものが有名ですが、アメリカ製の初期モデルには、シンキングモデルが多く存在していました。

その頃から細身タイプは実釣向きとされ、バストーナメントでの優勝ルアーとして評価が高かったのです。

ボディに背びれを付けて回転を際立たせたり、自作プロップに交換してみたり・・・

釣り人の工夫は、そのままダブルスイッシャーの人気の継続へとつながっていきました。

細身のダブルスイッシャーの使い方!首振りよりもただ巻き優先

だだっ広いエリアの中に、アクセントのように存在する障害物。

それが目に見えている場合と、沈んでいる場合があります。

そういうポイントで細身のダブルスイッシャーを遠投し、ただ巻きで通すだけでバスが食い付いてくるというケースがあります。

首振りアクションを加えるよりも、ただひたすら巻き続けて泳がせるほうが、釣果は上がるのです。

キーワードは無防備!油断している生き物の演出をおすすめします

他のルアーも試すものの、細身のダブルスイッシャーにだけバスが反応してくる理由は何なのでしょうか?

自然界が相手だけに数式のような正解・模範解答はありませんが、数を釣っていく中で感じるキーワードは、無防備と油断です。

同じリズムを刻みながら、ただ横移動していくわけですから、意識は前方のみに集中している無防備感に溢れています。

それが自然界の中では、あり得ない油断として映るのではないかと考えられます。

細身のダブルスイッシャーに食い付いてくるバスに、大型もいれば小型も混じることを考えれば、無防備を簡単に演出できるメリットは、とても大きいといえるでしょう。

他のルアーにその要素を探してみましたが、該当するものがなかなか見つかりにくいのが実情です。

人気はまだまだ続きそうですね。

おすすめアイテムのご購入はこちら

スイッシャーの関連記事

前後のプロップであらゆる層を泳ぐ小魚を演出!ティムコのルアー『ステルスペッパー110S』をバス釣りで試してみよう!

飾っておいても美しいようなキラキラしたルアー、ティムコの「ステルスペッパー110S」。 トップウォータープラグのダブルスイッシャーそっくりですが、このルアーは浮かずにゆっくり沈んで…

FISHING JAPAN 編集部

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY