メタルジグ 写真

ショアスロージギングが画期的な理由とは?おすすめロッドやリール・ラインを徹底紹介!

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは、ショアスローとはどんな釣り方か知っていますか?

正式名称は、ショアスロージギング。

一定層をじっくり探れる画期的なアプローチで、近年急速に愛好家が増えていますよ。

その特徴や使用ロッド・リール・ライン・仕掛けについてご紹介します。

目次

  • どんな仕掛けで釣るの?ショアスロージギングとは?
  • ショアスロージギングの特徴
  • 使用するロッド・リール・ライン

どんな仕掛けで釣るの?ショアスロージギングとは?

ショアスロージギングとは、ショアジギングのカテゴリーに含まれる釣り方で、その内容のキーワードはズバリ!フォールです。

あらゆる魚は、ルアーのさまざまなアクション・変化に反応して食い付いてきます。

そこで、遠投して素早くリフト&フォールを繰り返すショアジギングよりも、ゆっくりと時間をかけて演出するのが、ショアスロージギングなのです。

ショアスロージギングの特徴

岸から沖へ向かってメタルジグを投げるところは、ショアジギングと同じです。

しかし、使う仕掛けに注目してください。

メタルジグ自体をゆっくりフォールさせるために、魚に見つけてもらいやすい軽めの自重である10~40グラムを多用します。

水平姿勢でフォールさせつつ、一定層をじっくり探れるのが最大の特徴で、ロックフィッシュから青物・ヒラメ・マゴチと対象魚が多岐に渡るのが嬉しいですね。

使用するロッド・リール・ライン

ショアスロージギングで使用するロッドは、10フィート前後のヘビーアクションのものがおすすめです。

ファーストテーパーデザインなら、メタルジグをしゃくって操るのに向いていますよ。

リールは、PEラインの1.5号前後を200メートル以上巻ける、4000番クラスのスピニングリールを用意しましょう。

ショックリーダーは根ズレを考慮して、フロロカーボンラインの6号前後のものを結んでください。

仕掛けや釣り方をわかりやすく解説した動画はこちら

ショアスロージギングなら、従来の素早い動きのジギングに追いつけない、低活性の魚もターゲットにできます。

潮通しのよい磯はもちろん、あなたがよく行く釣り場でも是非試してくださいね!

おすすめアイテムのご購入はこちら

メタルジグの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY