リール 写真

ルアー釣り用語はムズかしい?釣り人なら知っておきたいイからはじまる専門用語【5選】

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは、釣り専門用語の意味が分からず、悩んだことはありませんか?

よく使うけれど、きちんと理解していないルアー釣り用語をピックアップしてみました。

ここでご紹介するのは、イで始まる専門用語。

糸フケとはどんな意味?インレットって何なの?

詳しく丁寧に解説してみましょう。

目次

  • 老けるって意味じゃないんだ!その①糸フケ
  • ラインに絡む専門用語!その②糸ヨレ
  • ロッドのガイドシステムとは?その③インターライン
  • ルアーの長さのことかな?その④インチ
  • ルアー釣り用語でよく耳にする!その⑤インレット

老けるって意味じゃないんだ!その①糸フケ

糸は釣りで扱うラインのことです。

それがたるんでしまっている状態を「フケる」と呼んでいます。

糸フケとは、ラインに張りがなくたるんでしまっていることで、そのままでは魚のアタリが判別できません。

そこでラインを引っ張ってたるみをなくし、アタリを判別できるようにします。

これを「糸フケを取る」と表現しますよ。

ラインに絡む専門用語!その②糸ヨレ

糸ヨレとは、ラインがよじれてしまうことです。

こうなるとルアーが回転してしまうかもしれません。

また、ラインが絡んでトラブルが発生しやすくなります。

ヨリモドシという道具を使って、糸ヨレを抑制することが可能ですよ。

リールにも糸ヨレ防止機能の付いたものがリリースされています。

ロッドのガイドシステムとは?その③インターライン

インターラインとは、ラインをロッドの中心部を通して穂先から出すシステムのことです。

本来はロッドの外側にガイドが付いていて、そこにラインを通すようになっているのですが、インターラインロッドにはそのガイドが付いていません。

メリットは、ガイドへラインが絡み付くのを防止できることです。

夜釣りでラインが見えにくいときなどは、トラブル防止になりますね。

ルアーの長さのことかな?その④インチ

インチとは、長さの単位です。

センチやメートルのほうが馴染みがありますが、欧米から入ってきたルアー釣りでは、インチのほうがよく用いられています。

ちなみに、1インチは約2.54センチのことです。

12インチになると1フィートと呼び名が変わることも知っておきましょう。

ルアー釣り用語でよく耳にする!その⑤インレット

インレットとは、水が流れ込んでいる場所のことです。

池や湖には必ずインレットがあり、水質と水温がともに安定しているため、魚が集まる超1級ポイントとなっています。

釣り人からの人気が高いですよ。

釣り場に着いたらまずはインレットの位置を見つけ出しておきたいものです。

インレット 写真

水質・水温の安定しているインレット

ルアー釣り用語は専門的な意味が込められているものばかりで、最初は難解に感じるかもしれません。

でも釣りをしていればすぐに使い慣れてきますから、積極的に覚えるようにしましょう。

インレットの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY