イシナギ 巨大魚

巨大魚イシナギは幻でなくマジで釣れる!?呼び名は深海のドン!130kgの超巨大魚を釣り上げた体験談はこちら!

FISHING JAPAN 編集部

世界の海にはとてつもない巨大魚が生息しています。

そして、そんな巨大魚を一度でいいから手にしてみたいと情熱を燃やす釣り人もいます。

そんな釣り人が憧れる巨大魚が日本近海にも生息しています。

たとえば「深海のドン」ともいわれるイシナギです。

イシナギは、最も大きくなると長さ約2m、重さ250kgにも達します。

もちろん、そんな巨大魚はめったに上がらず、もともと数が少ないので幻の魚ともいわれています。

ところがそのイシナギを1日で2匹も釣り上げた人がいました。

いったいどうやってそんな巨大魚を釣ったのでしょうか?

目次

  • 巨大魚イシナギとの遭遇
  • 春から初夏が狙い目シーズン
  • イシナギの肝臓は猛毒

巨大魚イシナギとの遭遇

巨大魚との遭遇の舞台となった釣り場は京都府、丹後半島の沖にある浦島グリです。

水深は約120mでした。

エサは50~60cmはある生きたメダイを使ったそうです。

エサにするために釣りあげたメダイを生きたまま背掛けにして底まで下ろしたら、いきなりアタリが来ました。

そして、最初に釣り上げたのが170cm、重さは約80kgのイシナギです。

これでもかなりの大物ですが、まだエサがあったのでもう一度仕掛けを下ろしたところ、同じようにすぐにアタリが来て大きく竿が引き込まれました。

しかし、1匹目を釣り上げた直後だったので、腕が疲れてリールが巻けなかったそうです。

そのため、電動リールに頼らず自力で巻き上げて釣り上げたいというこだわりを捨てて、ついに電動リールのスイッチを入れました。

そこで、ようやく取り込んだのが最初のものよりさらに大きく190cm、重さは推定ですが130kg近くあるイシナギでした。

春から初夏が狙い目シーズン

日本近海に多いのはオオクチイシナギと呼ばれる種で、太平洋岸では水深400~500mの深海に単独で住む巨大魚です。

春から初夏にかけて産卵のために100~150mの浅場に上がってきます。

そのため、ちょうど浅場にやってきたときが釣りのシーズンなんです。

日本海側では、太平洋岸ほど深くないため水深150mぐらいまでの場所でよく釣れます。

イシナギの肝臓は猛毒

イシナギは九州ではイシアラと呼ばれ、市場にも出回ることがあるそうで、その身はきれいなピンク色です。

ただ、この魚の肝臓にはビタミンAが多量に含まれていて、中毒になるので要注意です。

特に老成魚になるほど濃厚な状態でビタミンAが含まれており、わずか10g食べただけで中毒になることがあるそうです。

釣るのは楽しいですが、食べるのは難しそうですね。

巨大魚を狙う人達にはたまらない深海のドン、イシナギ。

ぜひ、狙いに行ってみませんか?

関連動画

180cm、100kgの巨大魚イシナギと遭遇!

関連記事

サメが巨大魚に丸呑みされる衝撃動画

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY