ルアー 写真

売ると犯罪になる!?琵琶湖に沈むルアーを集めて査定に出すと総額○○円!【動画】

FISHING JAPAN 編集部

釣り人のみなさん、湖や川の浅瀬で釣りをしていると誰かが引っ掛けたのであろうルアーを見つけた経験はありませんか?

そんなルアーを集めて査定に出すと一体いくらになるのだろう?というシンプルな疑問を解決してくれるユーチューバーの動画をご紹介します!

目次

  • ルアー25個の査定金額は○○円に!
  • 売ると犯罪になる!?

それでは早速ご覧ください!

ルアー25個の査定金額は○○円に!

動画主が琵琶湖でバスフィッシングを楽しんでいると、底にたくさんのルアーが根掛かりした得体のしれぬ布が・・・

2日間にわけて回収すると、なんと1ヶ所で25個ものルアーが見つかりました。

なんて釣り人泣かせなスポットなのでしょうか・・・

その後、中古の釣具店に査定してもらったところ、総額2,250円の価値があることがわかりました!

売ると犯罪になる!?

本動画のように元の所有者の手から離れて、水中で見つかったルアーは漂流物となります。

その漂流物を拾い、査定に出すことは、決して罪にはなりません。

しかし、実際に売却してしまうと、占有離脱物横領の罪に問われる可能性があります。

漂流物の場合は、警察の管轄外になるので、市役所に届けを出す方がいいそうです。

釣り人のみなさんも偶然見つけたルアーの取扱いには、十分注意してくださいね!

関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY