ルアー 写真

サイレントアサシンの厳選5種類の特徴やインプレをご紹介!ランカー狙いのミノーから寒冷地で安心して使えるものまで幅広いラインナップが魅力!

FISHING JAPAN 編集部

エクスセンス サイレントアサシンはシーバスを始めとする海釣りに特化して作られたミノーです。

種類も多く、毎年新色が追加発売されておりアングラーからの人気が高くなっています。

今回はその中でも特に人気の高い99s・99sp・129f・140s・160fをご紹介します!

目次

  • 99s AR-C・99SP AR-C
  • 129f AR-C
  • 140s AR-C ノースプレミアム
  • 160F AR-C
  • 使いたいサイレントアサシンを選ぼう!
  • 購入はこちら!

99s AR-C・99SP AR-C

99sは、全フィールドで使える強化版99F AR-Cよりさらなる飛距離のアップを目指して作られました。

さらに、99SPは、リップを中心とした補強を施されており、強いブルブルとしたウォブロールアクションを得意としています。

最も対応力の高いサスペンド設定で、河口に近い春の汽水域でゆっくりと沈むような浮力に調整されています。

インプレ

非常によく飛んで、投げるたびに釣果を期待させるようなよく出来たミノーだと思います。

出典:アマゾン

129f AR-C

開発に2年を要して作られた129f AR-Cは、AR-Cシステム搭載で飛距離が伸びるフローティングタイプのミノーです。

全長12~13cmで、平均飛距離66mを達成しています。

同じくAR-Cシステム搭載のシンキングタイプの129S AR-Cは、平均飛距離70mでアングラーに心強いミノーとなっています。

インプレ

凄く飛びますが、釣れる前に橋脚に当たり割れました。とほほ・・・

出典:アマゾン

140s AR-C ノースプレミアム

140Sは、樹脂に耐衝撃性の高いグレードのものが採用され、ウェイトの素材も硬度の低いマテリアルがあえて使われています。

そのため、破損しにくく、寒冷地でも安心して使用できます。

またボディとフックの軽量化を計ることで、荒れた日本海でも本来の動きが出せるミノーとなりました。

飛距離やアクションも手を抜くことなく従来のアサシンの性能を受け継いでいますよ。

インプレ

釣れました!良い動きです。あとは耐久性に期待ですが、大切に使わせてもらいます。

出典:アマゾン

160F AR-C

160Fは、飛距離とアクションのバランスが取れたビックミノーです。

全長163mmの大きなボディーは、風抵抗に逆らって安定した飛距離をだすことができます。

必ず一つは持っておきたいミノーです。

まだ釣果はありませんが、しっかり泳いでくれます。あとは釣果を待つのみ。

出典:アマゾン

使いたいサイレントアサシンを選ぼう!

サイレントアサシンは使う用途に合わせてそれぞれ作られているので、自分のフィールドに合ったミノー選びを叶えてくれます。

種類どころかカラーも豊富で、どれもタックルボックスに備えておきたい使えるものばかりです。

ぜひ釣り人のみなさんも自分に合ったサイレントアサシンを見つけてみてくださいね!

購入はこちら!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY